【Mika Sudo】「楽しい」は無駄じゃない

向上心が強いひとや成長意欲が強いひと、

バリバリ(ってまだ言う?)仕事するひとが罹患しがちな病があります。

 

名付けて、「それ、やる意味あんの?」病。

 

キャリアアップや自分の成長、仕事に関係ありそう(ある、じゃなくてありそう、というのがポイントでもある)なこと以外が、

すべて無駄というか時間がもったいなく思えてくる。

 

症状が進むと、「楽しい」ことに時間を使っているひとや

自分をそれに巻き込もうとしてくるひとたちが自分の時間を奪いにくるように見えて、イライラしてくるという厄介な病です。

 

だめだこりゃ…

だめだこりゃ…

わたしは過去にちょっとだけ罹患したことあります(笑)。

そう、いまでは「楽しいことだけして生きていきたいもーん☆テヘ☆☆」と公言してはばからないこのわたしが!!

 

当時は読むべき本ばかり優先して、好きだった小説を一切読まなくなりました。

そればかりか、「小説ばっかり読んでるひとって結局現実逃避してるだけなんじゃないの〜」と勝手に自分基準で周りを眺めて上から目線になっていた。

 

Oh…我ながらヤな奴だったことYO…

 

あなた自身がそんな厄介な状態になったことはなくても、

周りにそんなひと、ひとりくらい思いあたりませんか?

 

何をやるにしても「これをすることが何かの役にたつのか」。

大切なひとと過ごす時間でさえ効率を考えたり、

プライベートで話をしてるのに「結論から言って」と相手とのコミュニケーションをばっさり切ったり(→まぁ、男性はこうしないと話が理解できないっていうひとがいるのでしかたがないのかも)。

純粋に「うれしい」「楽しい」と思える時間を日頃からたくさん持っているひとは、じつは何か困難に陥ったとき、思いもよらぬ逆境にあったり挫折したときにも、そこから回復しやすいと言われています。

 

たとえそこには何の意味がないように見えても、

一見、時間の無駄のように思えても、

いざというときに心のクッションになってわたしたちを守ってくれる。

 

そう、「楽しい」は無駄じゃないんです。

 

というわけで、今日も安心して楽しいことしましょーう!

(※あ、もちろん配分は考えてくださいねっ そこ自己責任でっつ)

 

 

◆◆4/15(火)「逆境から立ち上がる力」レジリエンスの鍛え方セミナーのお知らせ◆◆

「え〜?『楽しい』が心のクッションになるの??」と思った方。

専門家の方によるセミナーがありますのでこの機会にぜひ☆

同じことがあってもしなやかに立ち上がれるひととそうでないひとの違いは、 「レジリエンス」といわれる心の強さだと言われています。

グローバル企業のリーダー研修にも取り入れられている「レジリエンス」トレーニング。その専門家の方をお呼びしてセミナーを行います。

折れない心を手に入れたいみなさんは、ぜひご参加ください。

 

〜「レジリエンスの鍛え方セミナー」詳細〜

・日時:4月15日(火)19:00-20:30

・場所:福岡センタービルB1F(博多駅博多口からすぐ)

・参加費:3,000円(「レジリエンスの鍛え方」書籍代込み)

・応募方法:こちらからご応募ください→http://kokucheese.com/event/index/159262/

 【次回は4月25日(金)更新予定です】

※情報は2014.4.11時点のものです

須藤美香

1981年生まれ、茨城県出身。京都在住を経て夫の転勤で2008年福岡へ。

「自分で自分をしあわせにできるひとを増やす!」をコンセプトに、講座やワークショップの企画、女性向けのコンサルティングなどを行う。将来への漠然とした不安や焦りで悩んだ20代後半、同じように悩む女性たちがアウトプットできる場所をつくりたいと「福岡ステキ女子委員会」を発足。4年に渡って毎月朝食会を開催している。福岡・北九州の働く女性を応援するサイト「e-avanti」でコラム連載中。趣味は、読書・友人との食事会を企画すること。弱点は、ひとりよがりになりがちなところと戦闘意欲のなさ。「ジョギング始めたいな~」と、ここ2年くらい思ってます。

この記事もおすすめ