light_something special vol.57

あなたは心の扉を開くために突き進んでいます。

心を閉ざす時、光が消えるのではないのです。

 

あなたが扉を閉めただけのこと。

 

光はいつまでも降り注がれ、

消え去ることはないのです。

 

病んだ心を癒すには、

時には闇が必要なのかもしれません。

 

あなたは夢を見るため、深く眠るのでしょう。

 

そして悪夢を見たとしても、夢であったことで、

あなたは心をなで下ろすでしょう。

 

そんな時、あなたは知るのです。

絶望などしていなかったことを。

 

なぜなら、悪夢から覚めたことにより、

あなたは心を癒されているからなのです。

 

You have brought something special into your life.

MON・19・DEC

Inspiration by Kaoru Himuro

 

※情報は2016.12.19時点のものです

灰塚 鮎子

Ayuko Haitsuka 灰塚鮎子/株式会社Elephant代表

遊び心とひらめき、クリエイティビティを大切に。

「美は精神にこそ宿る」をモットーに。

この記事もおすすめ