日本人は世界一の休み下手!有休消化率、3年ぶりに最下位に

世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(www.expedia.co.jp)が、世界28ヶ国18歳以上の有職者男女計9,424名を対象とした「有給休暇・国際比較調査2016」の結果を発表。日本の有休消化率が、2013年以来3年ぶりに最下位になったことが分かりました。

日本の有休消化率、3年ぶりの最下位に!!

有給休暇取得の義務化など法改正の話題も出ている日本が、今年は3年ぶりに世界で最下位の有休消化率という結果になりました。2013年以降回復を見せていた日本でしたが、昨年の60%を10%も下回り、そして2014年、2015年ワーストであった韓国を3%下回り世界最下位に返り咲くこととなってしまいました。

 

休みを取っていないのに!世界一、休み不足と感じてない日本人

日本人は有休消化率が世界一低いにも関わらず、「休みが不足している」と感じる人は約3割で、世界一休みを欲しがっていないことがわかりました。ちなみに、休み不足と感じる人が最も多かったスペインは、30日も付与されている上に有休消化率は100%なのですが、現状の支給日数にも満足していないようです。

日本人は休みを取ることに「罪悪感」、職場の空気を読んで取っていない!?

休みを取ることに「罪悪感がある」と考える日本人の割合は約6割にものぼり、韓国に次いで世界で2番目に多い結果となりました。また、日本人が休みを取らない理由のTOP2で職場の環境があげられており、そのうち「同僚が休んでいない」と考える人の割合は世界一多いことがわかりました。日本では自身の休みよりも職場の空気を読むことが重要視されているのかもしれません。

1 / 2

この記事もおすすめ