【福岡の常識】え?これって九州限定グルメなの?

■みんな食べたマンハッタン

「マンハッタンって知っとぉ?」と聞いて「うん、美味しいよねあれ」と答えたあなたは立派な九州人です。九州外で質問すると「まだ行ったことがない」あるいは「ちょっとアルコール強めのカクテルだよね」と返ってくることでしょう。

少し硬めのドーナツっぽいパン生地にチョコレートをかけたあのマンハッタンは、主に福岡県内を中心とした一部のエリアでしか発売されていない商品です。そもそも製造者のリョーユーパンは、福岡県の大野城に本社がある会社のため、リョーユーパンという会社のことも知らなかったりします。

■アイスと言えばブラックモンブラン

九州では超定番のアイスクリームとして皆に愛されているブラックモンブラン。食べる時、クランチが落ちる場所に袋をおいて受け止め、落ちたクランチを集めて食べるなんてこと、皆さんやったことがあるでしょう。有名なブラックモンブランですが、これも他地域に行くと「黒い万年筆のこと?」と言われます。「ブラックモンブラン美味しい」と言うと変な目で見られます。

■即席ラーメンの定番うまかっちゃん

あの全国企業であるハウス食品のうまかっちゃんも九州限定グルメです。販売エリアですが、九州以外では西日本の一部エリアだけ。首都圏では店頭で手に入らないラーメンです。逆にマルタイの棒ラーメンは首都圏で販売されているという事実にもビックリですが。

■愛の炭酸飲料

「愛の」と言えばメモリーでもコリーダでもなくスコールですよね。宮崎本社の南日本酪農協同が製造している飲料ですが、九州以外ではごく一部で細々と売られているだけです。カルピスソーダよりも発売が早いため、九州では乳製炭酸飲料と言えばスコールが根付いていますね。カルピスソーダよりも少し甘い飲み口が九州人の舌にあっているのかもしれません。

■え?これも??

他にも、ヨーグルッペやおでんの餃子巻き、ふりかけの御飯の友、袋氷なども九州限定グルメです。全国にあると思っているあの食べ物が実は九州限定だと知ってショックを受けたことは、一度九州を離れたことのある人なら誰もが経験しているはず。ちなみに首都圏に就職した会社員のホームシックが、食べ物から始まるのが九州人の特徴ですよ!

※情報は2017.2.8時点のものです

H.Katsura

福岡出身。就職で東京へ行き、20年の都会生活を経て昨年Uターンしてきたフリーライター。 地元を離れて初めてわかる福岡の面白さをあらためて実感中。

関連タグ

この記事もおすすめ