おれは復活したぞ【おじさんだが、敏捷な猫のサ日記】

 ニャハハハハ。あのいまわしい首輪が取れたぞ。

 ザマア見やがれってんニャ。

 5日に病院に行き、エリザベスカラーを強制的に付けられてから三週間。ほんとたまらんかったぞ。動きは遅くなるわ。狭い所には入れんわ。いちばん嫌だったのは、清潔好きなおれが、からだのありこちをなめまわせニャかったことだ。人間で言やあ、三週間風呂に入れんみたいニャもんだぞ。

 飼い主には悪いが、さっそく二回も脱走した。変なものを着けてニャイ時のおれの速さは、「音速の貴公子」ばりだ。セニャ。若いやつらは知らんだろうニャ。

161225_140110

 快気直後のおれの姿。ふてにゃんばりに不貞腐れておる。そりゃそうだろう。長いこと、妙な姿をさせられてたからニャ。動かんかったから、体重もかなり増えてる気がするぞ。

  ひさしぶりのまともな暮らし。ニャンか落ち着かんぞ。飼い主は外に出すつもり無しかい。

 このブログ更新も久々。きょうは、タガの外れたおれの写真を多目にお見せするからニャ。

 う~~~。とにかくうなってみる。この上目使いで、飼い主に不満を表わす。

 

 出してくれよう。

 玄関も頑丈だニャア。誰か入って来ニャイか。すきを衝いて出るんだが。

  帰ってきそうにニャイなあ。ちょいと開きさえすりゃ、こっちのもんだが。

 もうあきらめたわ。しばらくふて寝。チクショウ。

  ところで、飼い主Jの会社の後輩がレオ君に続き、ルナ君という友だち猫を飼い始  めたぞ。真っ白い猫だ。白猫プロジェクトだ。名前の由来は聞いてニャイが、「ルナ」はたしか月のことじゃニャかったか。ハイカラな名前だ。

 二匹仲良しに寝てるニャア。おれのような好戦的な猫には無理だろうニャ。「他猫を見たら、敵と思え」と、長年生きてきたからニャ。例外は、クロシロくらいだ。

 せっかくだから、Jの後輩の文章を披露してやろう。 ↓

【最近のレオの近況ですが、2匹目のトライアルを終え飼うこととなりました。
アドバイスいただいて少し悩みましたが、やはり毎日帰宅の度、レオの鳴き声がとても寂しく感じまして…。
名前は「ルナ」と付けました。
勉強してから対面させた結果、今はすっかり仲良しです。
今も帰宅したらお出迎えしてくれますが、2匹で遊ぶことが多くなりました。
ルナは保護主さんが自販機の下で震えていたのを保護した子です。
最初は「シャー!フー!」と威嚇が激しく、うちに来た時もそれは激しい威嚇でした。
臨時ケージをまた作り、そこで3日間過ごしてもらったら私の指を舐めるまで慣れました。
そして、4日目で初ケージの外で対面。お互い噛んだりはしますが、威嚇はしてませんのでじゃれていることと思います。だいたいお兄ちゃんであるレオが勝ちますが、ルナも負けず上から攻撃したりしてます】
 
 いつも人間を遊んでやってるおれだが、奴らは鈍重でどうも歯ごたえのニャイ感じだ。こーゆー猫友だちも少しうらやましいニャ。
 
 ところで、まだ投票募集中の「IBGP(イケニャン&美猫グランプリ)」だが、おれのみじめったらしい強要や飼い主Jのロビー活動のかいあって、10以上増えたようだニャ。レオ君にも1票入ってたぞ。
 
 でだ! おれからの「快気祝い」を発表するぞ。
 前に、応募猫の飼い主さんは投票しても何も当たらニャイことにしてたが、特別に決まりを変えて応募猫の飼い主さんでも、投票してくれた方の中から抽選で、さらに5枚のおれの肉球手形入り生写真を当てることにするわ。太っ腹だろうが。
 
 つうことで、まだ年末まで4日あるから、まだの人は是非一番好きなイケニャン美猫に投票してくれニャ。→ n-toei@nishinippon-np.jp
 じゃあニャ。おやすみニャサニ。
 
 
 
 

※情報は2016.12.27時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ