GPSとSNSの時代だニャ【デジタルに目覚めた猫サニの「サ日記」】

 オーストラリアの女性とその子ども3人が長野県の野沢スキー場で遭難して、海外の知人にSNSで連絡、その際のGPSでの位置情報を基に捜索してたら無事に自力で下山した、というニュースを見た。

 すごいニャア。今はスマホさえ持っときゃ、ノロシを炊いたり、ほら貝を吹いたりしなくても居場所がわかるんだニャ。そのうち、おれたちも人間からGPSを付けられて、脱走してもすぐに捕まるぞ。

 長野県といえば、飼い主の長野の知人から「真田丸ロスです」と書いた年賀状が届いてた。「五輪ロス」とか「マッサンロス」とか「マシャロス」とか色々ある。

 当時、あんまり「〇〇ロス」という言葉はなかったが、英国のダイアナ妃が亡くなった場合、今なら、「ダイアナ・ロス」というんだろうニャ。

 で、また英国で思い出したが、イギリスに「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ」という会社(BAT)があるそうだ。アメリカのレイノルズというタバコ会社を買収する記事を見て知った。この名前おかしくないか。日本なら「東京・大阪食品(株)」みたいなもんだろう。

  そげなこととは関係なく、クロシロは相変わらず食欲旺盛だ。身体も丸みを帯びてきた気がする。

 そんな弟子から、「サ日記は、誤字脱字も多いが、事実の間違いもけっこうある」と言われたぞ。

 しょせんおれは猫だから、反省まではせん。が、サッカーのサガン鳥栖に川島選手が来ると書いた話や、「リオ五輪」を「ロンドン五輪」と書いた話は、率直に間違いを認める。マ・チ・ガ・イでした!前者はネット記事を鵜呑みにした勇み足だ。おれの前足が伸び過ぎた。

 こげな記事があった。おれたち猫と犬は、数で争ってるわけじゃニャイんだが。犬を飼う人は、一匹を「うちの子」とか言って大切にする人が多いが、猫好きは沢山飼いたがる人が多い気がする。「一夫多妻制」みたいな感じか。

  飼い主Jは、先週アビスパ福岡の新年の会に参加したそうだ。この新しいユニフォーム披露のモデルになった亀川選手は、「リオ」五輪にも出場したぞ。感謝状を受け取ってるのは、Jがお世話になっている有名なめんたいこの「ふくや」の方らしい。

  毛玉ケアの広告のポスターにおれに似た感じの猫がいた、という。うむ、おれよりは太ってるんじゃニャイか。まだ、若そうでもあるニャア。

  おれも、こうやってブログなぞ書くあたり、猫の中では「ITリテラシー」とやらが高いほうじゃニャイかな。きょうの中身は全く脈絡なくあちこちに話が飛んだが、雪山の遭難が多いから、みなさんも気をつけてくれニャ。

 

※情報は2017.1.18時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ