男性保育士は女児の面倒を見られない?保育現場の性差別問題について

2017年、新年明けましておめでとうございます。

って今更ですみませんwなんせプライベートでバタバタしてたので(その辺はまた後日)

ともあれ今年も「やのっちパパ」をよろしくお願いいたします。

さて、早速気になるのニュースが入ってきたので、今回はそれについて書いていきたいと思います。

ニュースの内容はこちら

男性保育士に「女児の着替えさせないで!」保護者の主張は「男性差別か」

簡単にいうと…

男性保育士に、女児の着替えや排せつなどの世話をやって欲しくない!という声が多いけど、それって男性保育士に対する性差別にあたるのではないか?

保育士の仕事上、子どもの着脱の手伝いは当たり前なんですけど。

保育士の仕事上、子どもの着脱の手伝いは当たり前なんですけど。

千葉市の市長のツイッターをきっかけに、一部の女性ユーザーから「男性保育士の警戒するのは当たり前!」という反発の声が上がれば、「いやいや…」という論議が繰り広げられているニュースです。

元保育士の私にとって、この一連のニュースは、様々な問題が見え隠れしつつ、でもなんだか無駄に巻き込まれて、本質が見えないというのが本音です!!

一部の子育て中のママさんの声なのでしょうが、こうした問題(思い)については以前も聞いたことがあります。

2015年の11月のコラムでも少し触れました。

#87 「男女の性のリアル?あのセミナーから学んだこと(その2)」

その中で…

職業においての男女間のギャップはまだまだあります。

その最前線には「保育士」という仕事があるのかもしれません。

「男性保育士さんには私の娘のおむつ替えをさせないでほしい!」

「着替えの時には、あの男性保育士さんは別な部屋にいるんでしょ?」

などなど、そんなもう一種の苦情のようなことを言う保護者もいるそうです。

これはもう もっての外なのですが、そういう風に…

「男性」ということで少し違う視線で見られるのが「保育士」という仕事。

と私は割り切っていたので、今回の騒動については今更??とも感じました。

それが市長の発言によって、改めて表に出て、話題になったのだと思います。

1 / 4

関連タグ

この記事もおすすめ