ノボリフジ(昇藤)VS 上高場のフジ(藤)〜亀爺ほっつき歩き

はじめまして。

亀爺(かめじぃ)じゃよ。

時間ができれば福岡の街をひたすら放浪。

不定期で各地をほっつき歩き(←記)ます。

第1回目は「ノボリフジ(昇藤)VS 上高場のフジ(藤)」の巻。

 

西日本新聞に載っていた筑前町の大藤(この記事)を見ようと出かけたのですが、数キロメートル手前の道沿いに突如出現したこの風景。

「なんじゃこれは!」と車を止め夢中で撮影したのです。

「山隈花便り」とあったので甘木鉄道の山隈駅の近くではないかと思われます。

栽培している方に聞くと「これはルピナスといって二年前から育てており、これからもっと大きくなる」とのこと。

藤の花を逆さにしたような姿から、ノボリフジ(昇藤)ともいうそうです。

その原色に近い鮮やかな色の花々が、にょきにょきと林立するさまは壮観!

 

一方、こちらは筑前町上高場の藤の里公園にある「上高場の大藤」。

満開で優雅な佇まいやね。

5月初旬ごろまで楽しめるから暇やったら行ってみらんね。

 

鮮やかなルピナス(昇藤)と優美な藤。

形は似てても色合いは対照的ったい。

みんなはどっちが好いとうかいな?

亀爺は、女性もお花も奥ゆかしいほう(フジ)が好きったい。

 

次回の亀爺はどこをほっつき歩くのやら ・・

※情報は2014.5.1時点のものです

上高場の大藤

住所〒838-0821 朝倉郡筑前町上高場1784-1上高場大神宮内
URLhttp://p.tl/RaGL

亀爺

一部では評判のよくない団塊の世代の当事者。

「グランドパス65」を自慢げに掲げて悦に入る。どこにでも行けるのじゃ!と市内を放浪するのが楽しみ。

糖尿、高血圧と戦いながら暇を見つけてはひたすら街を歩く。歩いていると、これまで気付かなかった風景や意匠、事件?に出会うことも。福岡に限らず九州、海外をほっつき歩くこともしばしばである。

趣味は下手なゴルフ、台湾と韓国の街歩きと立ち食い。

この記事もおすすめ