【親孝行な芸人息子】プレゼント買ってもらえないなら自分で作る!-vol.19

妻へ

年の瀬です。収入の面で、ご迷惑をおかけしているのは分かっておりました。ただ、生計中心者があなたになっているとは・・・。いつかこんな日が来るとは思っておりましたが、それは私の身体が年齢を重ね、動かなくなった時だとばかり。

※前回の妻から夫へのコラム⇒「頑張れない、優しくなれない、笑顔になれない…どん底で見つけた光」

師走と言われるこの時期、師も走ると言うこの時期に、私はと言えば、周りの慌ただしさとは一線を画し、悟りを開いた師の様に家でどっしりと構え、そして、お義母さんに戴いた「赤福」を頬張っております。

吉本の社員さんと飲んでいる時に、言われた事があります。

「妻に苦労ばかりさせて、申し訳ないって思います。妻のおかげで助かっています。」

私がそう言うと、その社員さんは、

「それは、もりもっちゃんが前世で奥さんを凄い助けて上げてたんよ。だから今度は、奥さんがあなたを助ける番になっていて、今、もりもっちゃんを助けているんよ。」と。

それを聞いて、肩の荷がおりました。妻よ、「私は、きっと前世であなたを助けて上げていたんです。だから、感謝こそされても、あなたに文句を言われる筋合いはないんです。」

嘘です、言い過ぎました。

「ただ来世では絶対にあなたを助ける事を誓うので、この現世では、あなたは苦労して、黙って私を助けて上げておいて下さい。」

嘘です、調子に乗りすぎました。

そんな都合のいい話をあなたが受け入れてくれるはずもなく、出来る事をと、私は赤福を食べ終えると、腰を上げ年末の大仕事に取り掛かりました。

あなたが仕事に行っている間に、部屋の大掃除が終わりました。トイレの大掃除が終わりました。風呂の大掃除が終わりました。

部屋の大掃除を終え、そしてトイレの大掃除も終え、風呂の大掃除をしている間に、部屋では、もうたけさんがクリスマスに貰った仮面ライダーのベルトを装着して、おもちゃ箱をガサゴソひっくり返しております。聞くと、妖怪ウォッチのブシニャンのメダルを探しているそうです。

せっかく片付けたのに、散らかさないでくれよ。まず、なんで仮面ライダーごっこでブシニャンのメダルがいるんだよお。

しょうがないそうです。メダルは小さいから、おもちゃ箱の底の方にあるらしいんです。だから、一回ひっくり返して探すのが一番早いんだそうです。正論です。

そして、今度は妖怪ウォッチの時計の方が無いらしく、違うおもちゃ箱を漁っております。

だから、なんで仮面ライダーごっこで、妖怪ウォッチが必要なんだよお。今、片付けたばかりの所を散らかさないでくれよ。

どっちか一つにせえとは言いました。でも二つ必要なんだそうです。二つ装着して最強のヒーローになりたいんだそうです。

そして、その最強のヒーローの名前は、名付けて

『スーパーコーラマン』

だそうです。

コーラのシュワシュワで敵をやっつけるそうです。

もうベルトもウォッチもブシニャンのメダルも関係ありません。

ベルトもウォッチも装着の必要はありません。

空のコーラのペットボトルを振りながら、ビールかけの様にコーラを飛ばす、必殺シュワシュワビームとやらで見えない敵と闘っています。

コーラの泡で見えない敵と格闘している、スーパーコーラマンのおかげで、早々に終わっていた部屋の大掃除は水の泡となりました。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ