ちゅ~るをいただいたニャン【あまえんぼのサニ喜ぶ】

 こんばんは。きょうの福岡は、少しあったかくなった代わりにちょいと昼間雨が降ったぞ。傘を忘れて濡れた人もいたことだろうニャ。

 

  おととい、きのうと、久留米市の「地場産くるめ」という会場で、森光商店さんのペット用品の展示会があって、飼い主Jが行ってきた。森光商店さんは、こないだの「IBGP」など、時々この「サ日記」に読者プレゼントを提供してくださる。IBGPでも、「くいしんぼ」シリーズというおやつをグランプリ猫さんにいただいたぞ。ありがたいニャン。それにしても、そのグランプリ猫・あっしゅ君の飼い主さんからご住所のご連絡がいまだにないので、送るに送れませんニャ。ほかにもみかんさんと福ちゃんの飼い主さんからご連絡がニャイ。気づいたら 

 こちらにメールくださいニャ。→ n-toei@nishinippon-np.jp

 おれみたいな「あまえんぼ」というシリーズもある。こんなさつまいも(やわらか仕上げ)ってのもある。どんな味ニャンだろう。

 これは、森光商店さんのお取引先のいなばペットフーズさんの「ちゅ~る」というやわらか~い直接口からいただくえさですニャ。おれも、おすそ分けをいただいたぞ。テレビでコマーシャルやってるから、知ってる人も多いと思う。美味ですニャ。

 ほら、いろんなのがあるぞ。液状なので、食べやすい。

 外には最近出てないが、時々出たくなるニャア。きょうみたいにあったかい日はとくにニャ。トランプさんの執務室のカーテンは、金色に模様替えされたが、うちはずっとこの色だ。

 こーゆーとこに、すっぽり収まってるとなぜか気分が落ち着くものだニャ。野生時代からの猫の習性だ。人間でも、電車の出入り口と座席の間のちんまりしたスペースに入り込むのが好きな人は、きっと前世が猫ですニャ。

 それにしても、おれの住む福岡は、次から次にいろんなことが起こる。去年博多駅前の道路が陥没したと思ったら、今度は商店街の解体中の店舗が一気に崩れ落ちてしまった。西新(にしじん)という「住みたい」人気エリアだが、飼い主Jの知り合いの人の会社は真ん前で、さぞビックリしたことだろう。

 解体を請け負ってる会社の社長さんが、テレビのニュースでおわびしてる様子が出てたが、なかなか人が良さそうで憎めない感じだったニャ。ケガ人が出なくて良かったニャ。

 先日お正月だと思ってたら、早くも1月もおしまいに近づいた。

 今年もあと、たったの338日しかニャイ。悔いの無いよう、毎日毎日を大切に生きなきゃニャ。

※情報は2017.1.27時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ