ボールペンは消せて当たり前の時代。三菱鉛筆から新タイプのペン登場!

消せるボールペン、新時代に突入です。

「消せるボールペン」と言えば、パイロットのフリクションを思いだす方も多いと思います。

2007年の登場から、現在まで10億本以上売り上げていて、今や知らない人はいないのではないでしょうか。

その消せるボールペン業界に、三菱鉛筆から「ユニボール アールイー」があたらしく仲間入りしました!(1月27日発売)

最大の特徴は、ノック式。

クリップ部分でノックするパイロットのフリクションノックに対し、こちらは、通常のボールペンとおなじ頭頂部をノックするタイプです。通常のボールペンと、同じ感覚で使うことができます。消したいときは、ノック部の消しゴム材でこすると摩擦熱で消えるという仕組みです。

「消すときにノック部が出たり入ったりしてカチャカチャ動かないの?」と不思議になるのですが、これが三菱鉛筆のスゴイところ!

ペンをひっくり返したときにノック部が固定される構造になっていて、そのまま使うことができます。

普通のボールペンと同じように使えるから、ノーストレス。

使う人の快適さを、三菱の技術力で解決しています。使う人にはふーんってことが、意外とすごい努力で生みだされてたりしてるんです。

インク色はオフブラック、ローズレッドなど全8色。

特に頻度の高いオフブラック色は、軸デザインも15種類あり、幅広く選べます。

今は単色ノックタイプだけだけど、複合タイプ出るのがたのしみです。

ボールペン業界に新風をふかせ、ずーーーーっと独走状態だったパイロットのフリクション。10年ひと昔なんて言いますが、今までライバルがほぼいないのに、次々と新商品を頑張って出して、レパートリーを増やしてきた、現状に甘んじないパイロットさんにも頭がさがります。

この努力があったからこそ、これだけ「消せるボールペン」が世の中に浸透したのかもしれません。

いよいよ消せて当たり前のペンの時代。

みなさんも書き比べて、お気に入りを見つけてくださいね。

以上、まんぷくまんぞく!おかわりくださーーーい!!!

※情報は2017.1.30時点のものです

雑貨館インキューブ天神店

住所福岡市中央区天神2丁目11番3号ソラリアステージビル
TEL092-713-1092(代表)
URLhttp://www.incubenews.com/

中村ふみ江

全国に13店舗を展開する雑貨館 インキューブ第5グループ長。雑貨専門学校を卒業後、家具職人として働いていたこともあり、興味あるものにはズッポリはまってしまう職人気質。知るほどに奥深い文房具、おなか一杯になるまでご紹介します。

関連タグ

この記事もおすすめ