今年の恵方はシベリアか【無関係のサ日記】

 きょうは節分だ。

 昔は豆まきが定番だったが、知らぬ間に「恵方巻」が席巻していた。おれは、米のめしも海苔も食べニャイので、丸かぶり寿司とやらには縁が無い。

  けさは、スーパーのチラシもこげな感じ。

 コンビニのバイトさんが恵方巻のノルマをかけられたという話がワイドショーで取り上げられていた。ほんとうなら大変ですニャア。そげん海苔巻ばっか食べてたら太るからニャ。

 

 デパ地下も恵方巻一色。写真は天神の博多大丸。

 こげな大混雑になってるお店もあるぞ。

 「トルティーヤのなんちゃら」とかいうこじゃれた恵方巻もある。お菓子みたいだ。

 そげな世の中の動きとは無関係に、おれにはやっぱ、花かつおがいちばんのごちそうだ。むしゃむしゃ食べやすい。

 食事のあとすぐ眠るのは良くない、ウシになる、とか昔言われてたが、今は健康に良いという話もあるらしい。

 レーザー光線にやられたようなおれ。

 話は戻るが、今年の恵方(縁起の良い方角)は、「北北西やや右」だそうだ。

 世界地図を広げてみたら、おれの住む福岡をずっとたどって北北西やや右を目指してみると、最後はシベリアに行き着くぞ。ロシアじゃニャイか。「不毛地帯」の主人公・壹岐正が抑留されてたとこだぞ。今年は、プーチンさんが何か良いことをしてくれるのかニャア。

 きょうも、玄関ですきあらば出ようとがんばってみるが、馬鹿飼い主どもも最近ガードが固い。

 人間も猫もあきらめが肝心。飼い主のひざの上で甘えて、うまいもんでも食わしてもらうのも、飼い猫冥利だ。おやすみニャ。

※情報は2017.2.3時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ