karte.6 乳児(赤ちゃん)の食物アレルギーとスキンケアの意外な関係

今回は美容を離れて…

スキンケアつながりで、ちょっと医学的な話をしてみようかと。

【乳児(赤ちゃん)の食物アレルギーとスキンケアの意外な関係】

ママ世代の女性には、とても気になるテーマのはず。

 

まずは本題に進む前に。

「アレルギー」って何でしょう?

この言葉自体、余りに日常に溶け込みすぎてて、

いざその本質は?と聞かれると

意外と知っているようで知らない方が多いんじゃないかな。。。

 

「アレルギー」とは。

【本来人体に無害な物質を体が有害だと勘違いして記憶し、再びその物質に接触した時に、防御反応としてその物質に対して過剰な免疫応答をしてしまうこと。】

 

例えるなら・・・

全く無実の女性を旦那の不倫相手だと思い込んで

街中でその女性に遭遇した時に

罵詈雑言を浴びせかけ、

平手打ちを食らわし、

大声で叫びまくって、

旦那にも周りの人達にも多大なる迷惑をかけること…

といった感じ(笑)

「あんた、うちの夫と不倫したでしょ!許さない!」と激情したあげく暴力沙汰に発展…

「あんた、うちの夫と不倫したでしょ!許さない!」と激情したあげく暴力沙汰に発展…

誤解から大惨劇となり、結局一人ぼっちに…

誤解から大惨劇となり、結局一人ぼっちに…

いわば、免疫細胞の空回り。

独り相撲。

(^_^;)

 

そしてこの、

「無実の女性を不倫相手だと思い込んでしまうこと」を『感作』、

「勘違いされた女性」を『アレルゲン』といいます。

 

というわけで。

あくまで感作が成立することがアレルギーの条件。

初めて触れる物、初めて食べる物でアレルギーは起こらないんです。

 

生まれつき花粉症…なんて人はいないはず。

ある年、ある日、突然発症したでしょう?

何度も花粉に触れているうちに、不幸にも感作が成立して

その後花粉に暴露された時に初めて、

あの辛いくしゃみ・鼻水・目の痒みに襲われてしまうのです。。。

(筆者、かなり年季の入った花粉症患者…スギ大嫌いです)

 

では、ここで赤ちゃんの食物アレルギーに話を戻しましょう。

赤ちゃんって・・・

母乳かミルクしか飲んでないよね・・・

なのにどうして食べたことのない卵や牛乳に感作されてるんでしょう?

不思議じゃないですか?

いつの間に、赤ちゃんが卵や牛乳を敵だと勘違いしてしまったのか?

 

まず考えられるのは。

ママのお腹の中で胎盤を通して感作される可能性。

 

・・・これは現在の大きな流れとしては否定的です(+o+)

 

じゃあ、母乳を介してママが食べた食品に感作される?

 

・・・これだと完全ミルク栄養の赤ちゃんの食物アレルギーを説明できません(+o+)

 

ここでとっておきの最新情報。

本コラムのメインディッシュ。

 

実は…

赤ちゃんの食物アレルギーの発症は…

環境中の食物アレルゲンが…

なんとなんと…

赤ちゃんの…

(じらし過ぎ?)

 

皮膚から侵入して感作が成立することが分かってきたんです(@_@)

 

赤ちゃんの角層は未熟で、バリア機能が不十分。

よだれや食べこぼしでお肌が荒れたり、

オムツかぶれやら、あせもやら皮膚トラブルはつきもの。

さらにアトピー性皮膚炎のように高度にバリア機能が障害されていれば、

それだけアレルゲンが皮膚から侵入しやすい状態といえます。

で、まんまと侵入した食物アレルゲンに感作が成立すると

食物アレルギー発症。。。

(この経路を経皮感作といいます。)

 

つい最近話題になった、

加水分解小麦含有洗顔石鹸(●のしずく)の使用により生じた小麦アレルギー。

まだまだ記憶に新しいかと思います。

 

何年も、何十年も小麦を食べてきて平気だったのに。

小麦石鹸を使っていたら、ある日突然小麦アレルギーになっちゃった…という話です。

これがまさに、経皮感作の仕組みによるものだったのです。

 

『食物アレルギーがあるから湿疹が出る。』

これは全く逆で。

『湿疹があるから(バリアが壊れてるから)食物アレルギーを起こす。』

 

今まさに赤ちゃんを育ててらっしゃるママ♡

お腹の赤ちゃんとの対面を心待ちにされているプレママ♡

そして未来のママ♡

 

大切な赤ちゃんを食物アレルギーの危険から遠ざけるためにも、

スキンケアってとっても大切!

お化粧するわけでもない赤ちゃんの沐浴なんて、お湯だけで十分!

石鹸やボディソープは角層を痛めますからね。

口の周りやオムツの中がよくかぶれる子は

ワセリンを塗って保護してあげるのも手。

未熟な皮膚のバリア機能をワセリンが補ってくれます。

健やかなスベスベお肌の赤ちゃんと

幸せ溢れる子育てライフを楽しんでくださいね♪

 【次回は5月15日(木)午後10時更新予定です】

※情報は2014.5.1時点のものです

武田りわ

お酒と旅と家族をこよなく愛する皮膚科医。
1974年生まれの蠍座、B型。
平成18年から福岡在住。
3児の母。
福岡の魅力にハマり、整形外科医である夫と南区大橋に“武田スポーツ整形外科クリニック”を開業。
マイペースながらも貪欲に、妻業・母業・医者業を満喫中。

関連タグ

この記事もおすすめ