やさしそうな店長には裏の顔! 恐怖のコンビニバイト体験談

学生時代、お小遣いが欲しくてコンビニでアルバイトを始めました。これは専門学校生だった私が、やさしそうな店長の裏の顔を知ってしまった恐怖の体験談です。

学生だった私は、学校の近くのコンビニでアルバイトを始めることにしました。面接に行ってみると、店長は優しそうな50代くらいの女性で、即、私を採用してくれたのです。

「なんて優しそうな人だろう!いいバイト先が見つかってよかったなぁ」と大喜びで帰宅しました。しかし、実はこれが大間違いだったのです。

翌日から早速、私はアルバイトを始めました。とにかく早く仕事を覚えて、店長に認められたいと思っていたのです。先輩に教えてもらうことを全部メモしながら、一生懸命仕事を覚えていきました。そしてついに、研修中のバッジを外す日がやってきたのです!

店長は「よくがんばったわね!あなたはもうこれで一人前よ」と笑顔で褒めてくれました。「いや~、それほどでも」と私は謙遜しながらも、内心はガッツポーズ!

しかし、喜んだのも束の間。店長は再び満面の笑みを浮かべて、恐ろしいことを言ったのです。

「あなたが入るシフトはもう一人だけでいいわよね」

「???」

意味が分からず、頭の中ははてなマークに。

私が担当していたのは、学校が終わった後の夕方の時間帯でした。帰宅ラッシュでお客さんが多い時間です。最低でも二人体制で働くのが、それまでの常識でした。

それなのに一人にされるなんて・・・!

「そんなの無理ですよ」と言うと、店長は私の肩に手を置きながら「大丈夫、私がその時間帯はちゃんと一緒にいるから」とにっこり笑って言いました。

この笑顔にほだされて、私は仕方なく了承することにしたのです。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ