ラー麦女子部がバスツアー開催☆ラー麦畑で「麦ふみダンス」!

福岡県が開発したラーメン専用小麦「ラー麦」の普及拡大を図るため、県内のラーメン好きの女性や製粉会社の女子社員たちが集まって2015年に誕生した「ラー麦女子部」。これまで、「ラー麦女子部」のFacebookでラー麦ラーメンの情報を発信してきましたが、今回は、野外活動「ラー麦産地バスツアー」を開催!2月4日、糸島市のラー麦畑へ行ってきました!

九州初の女性専用バス「姫バス」に乗って出発!

九州初の女性専用バス「姫バス」に乗って出発!

向かった先は、JA糸島営農センター。畑へ行く前にまずはこちらでラー麦について、JA全農ふくれんさんからお話を伺いました。

ラー麦とは

福岡は全国有数のラーメンどころなのに、その原料のほとんどは外国産小麦が使用されていました。そのため、福岡県が「地産地消で福岡のラーメンの魅力をさらに高めたい」と開発に乗り出して誕生したのが「ラー麦」。ラー麦はラーメンのために生まれてきた小麦のことなんです!

その特長は、

■コシが強い

■茹で伸びしにくい

■色が良い

■甘味がある

■小麦の香りが強い

といったことが挙げられます。2007年度に開発され、09年から販売もスタート。いまでは、すっかりおなじみですね。

さて、ラー麦のセミナー終了後は、いよいよ畑に出て麦踏体験です!カリスマ小麦生産者の小金丸さんにこだわりを教えていただきました。

現在は、ローラーのついた機械で麦を踏みます(プレスします)。

現在は、ローラーのついた機械で麦を踏む(プレスする)そうですが、ラー麦女子部員たちは、昔ながらの足での麦踏を体験!横歩きになり、イッチニ、イッチニと踏みしめます。

普通に踏んでも地味なので、「恋ダンス」ならぬ、「麦ふみダンス」!曲はフォークダンスのジェンカ♪ リズムに合わせて、右・左・前・後・前・前・前~♪

小金丸さんとラー麦女子部で畑で記念撮影

小金丸さんとラー麦女子部で畑で記念撮影

働いた後は、畑から車で20分ほどの場所にあるラーメンテーマパーク「一蘭の森」へ!

単なるラーメン店とあなどるなかれ。一蘭の森では、人気ラーメン店「一蘭」のラーメン工場見学や、ラーメン博物館を見学しながらラーメンの歴史や一蘭のこだわりを学ぶことができます。

昼食はもちろん、「ラー麦ラーメン」(この日は特別にラー麦使用)!

みなさん積極的に替え玉していました。

学んで、働いて、食べて・・・。ラー麦三昧の一日を過ごしました!

最後にサプライズ!

実は、「ラー麦女子部」は東洋水産のチルド麺「ニッポンのうまい!」シリーズでコラボしているんです!商品開発の試食会にも参加し、女子部の意見もちゃんとパッケージに反映されています。

発売予定は3月1日。今回は、特別に東洋水産からラー麦女子部にサプライズで新商品がプレゼントされましたが、これは楽しみです!みなさんもぜひ注目してください♪

※情報は2017.2.14時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ