「実はこんなにスゴイ!誇るべき平尾台の魅力」3/12トークイベント開催!

西日本新聞社発行の季刊誌、九州の山歩き&野遊び専門誌「季刊のぼろ」。最新号Vol.16の特集は「 飛び込め! 花の平尾台 -実は、秘密の花園なんです-」と銘打ち、初の北九州地域を取り上げます!

刊行に際し、3月12日(日)14:00~15:30、北九州市小倉北区馬借のブックセンタークエスト小倉本店でトークイベント が開催されます。

大平山と羊群原

「これぞ平尾台!」といった定番の風景。茶ケ床園地から望む大平(おおへら)山と羊群原

平尾台の魅力は、羊群原や千仏鍾乳洞だけじゃない!ほかにもたくさんの見どころがあります。トークイベントでは、季刊のぼろ編集チームの中村真悟と、ゲストに北九州市小倉南区在住の写真家、本田茂さんを迎え、スライドを投影しながらトークを開催。平尾台の豊かな植生や春に登ってほしいルート、オススメの撮影スポットなどのお話にご期待ください。 会場ではいちはやく最新号を購入できます。

例年5月10日ごろから咲き乱れるシラン。シランは準絶滅危惧種の貴重な野草

 

平尾台はビギナーにもぴったりフィールド。ここでしか見られない景色や野草が出迎えてくれる

 

オカトラノオの咲く小径。平尾台を歩くと、なぜか心が軽くなる

写真家 本田茂氏

1977年ごろから、仕事の傍ら趣味としての写真を撮り始め、1983年ごろから平尾台をテーマにした活動をスタート。30年以上通 い続けています。これまでに二科展に3回入選、入賞1回。また、自費で写真集を2冊出版。講演会やテレビやラジオ、新聞などを通して平尾台の魅力を伝えています。

「実はこんなにスゴイ! 誇るべき平尾台の魅力」

■ 日時:3月12日(日)14:00~15:30 ※開場は13:30~

■ 会場:ブックセンタークエスト小倉本店(北九州市小倉北区馬借1-4-7)

■ 参加費・定員:無料/25名 ※定員に達し次第、受付終了 ※会場にて最新号をいち早く販売。※参加予約のお客様に季刊のぼろ監修「山ノート」を贈呈

■ 申し込み:西日本新聞社 出版部

申し込みはメールにて 

MAIL novolo@nishinippon-np.jp

※上記の連絡先にお名前・住所・連絡先・参加人数をお送りください。

 

※情報は2017.2.23時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ