お歳暮の差出人が嫁の旧姓で、姑は怒り心頭!嫁姑戦争の結末は・・・

ある日、義親に届いた贈り物の差出人が、嫁の旧姓だったら・・・やはり面白くないものでしょうか。これは、友人が新婚早々にやらかしてしまった、実際のお話。義親に気に入られようと贈ったお歳暮が、こんな事態を引き起こすとは、思ってもみなかったのです。

Woman holding gift boxes

女性が結婚して一番変わること。それは、名字でしょう。

銀行の通帳の名義を変え、判子を買い換え、会社に新しい名前を申請する。

筆者の場合は、結婚して名前が変わることが、寂しくて仕方ありませんでした。現在、結婚して5年目ですが、未だに旦那の名字に馴染みがなく、旧友との集まりで幹事を引き受けたら、旧姓で予約をしますし、病院で名前を呼ばれても、自分のことだと気づかないことも多々あります。

 

今は、旧姓のまま働き続けて、旧姓と新姓を使い分けている女性も多いと思いますが、義親の立場からすると、「嫁の自覚がない!」と腹の立つことなのでしょう。

そんなナイーブな名字問題で、嫁姑戦争になった友人がいました。

 

彼女が結婚してはじめての年末。義親に渡すお歳暮で頭を悩ませていました。

1年目に奮発して、あまりに高級なものを贈り、今後それが当たり前になっても困る。

しかもお腹には赤ちゃんがいて、これからお金がかかる一方。

それでも、義親には喜んで欲しい。

 

そこで、彼女は、食品関係の会社に勤めている特権を活かし、自社で評判の食品セットを社割りで購入して、お歳暮として贈ることにしました。普通に購入すれば、1万円以上の人気商品。間違いなく喜ばれるだろうと思っていたら、まさかのお叱りメールが届いたのです。

1 / 3

関連タグ

この記事もおすすめ