想い出のパリ☆パリと言えばカフェでしょ!~Chapter14

お久しぶりです。
もうすぐ春ですね!miroirのコラムもいい加減また動き出そうと思います。
長々放置しておりましたが、今後もよろしくお願い致します♡

前回はパリの美術館のお話でしたが、今回から美食の街パリでのお食事のお話。

とは言え、ギリギリの生活費を握りしめた1人旅。
しかも残念な事にお酒が飲めない(笑)
と言うことでランチ中心で楽しんできました。

さて、グルメな皆さんはクロックムッシュとクロックマダムの違い知ってますか?
お恥ずかしながら、実はよく分かってなかった私。

パリのカフェの定番メニューの中にこの2つがあります。ずっと行ってみたかったサンジェルマンの老舗カフェで食べてきました。

まず向かったのは、レ ドゥ マゴ(Les Deux Magots)。

レドゥマゴ

レドゥマゴ

流石にカフェで1人でランチをするのは緊張します。ちゃんとオーダー出来るかとかチップどうしようかとか。
とにかく何を食べるかを決めておけば、少し気が楽でしょ(笑)

マゴで注文したのはクロックマダム。もちろんカフェなのでカフェクレーム(カフェオレ)も一緒に。

クロックマダムのボリュームったら!

クロックマダムのボリュームったら!

6枚切りトーストにハムを載せてそのうえにタップリのチーズ。そして目玉焼き!
わぉ!このボリューム。目が点になりました。

すごくシンプルなのになんか美味しい。これはパリだからでしょうか。。。ミニサラダもグリーンだけなんですが、ドレッシングが美味しくて、初めてのカフェランチは大満足でした。
とにかくお腹がいっぱいでその日の夜ご飯は食べずに寝ました。

さてもう1つの老舗カフェは同じサンジェルマンのカフェ ド フロール(Café de Flore )。

カフェドフロール

カフェドフロール

画家のモディリアーニやピカソが常連だった事でも有名な老舗カフェ。
フロールで注文したのはクロックムッシュとカフェクレーム。

クロックムッシュ

クロックムッシュ

 

カフェクレーム

カフェクレーム

 

カフェクレームを頼むとコーヒーと暖かい泡立ちミルク。自分で注いで頂きます。

カフェクレームを頼むとコーヒーと暖かい泡立ちミルク。自分で注いで頂きます。

こちらもハムを間に挟んだパンにタップリのチーズを載せてこんがり。このチーズがクリーミー!
こちらも6枚切りトースト2枚分。
お腹いっぱいになりました。

写真から正解はお分かりでしょうが、クロックムッシュに目玉焼きがついているのがクロックマダムでした!

よくアジア人は室内の奥に座らされると言われますが、意外とテラス席に通されました。ただ通りに近い席ではなかったですが。街中を歩く人たちを観察しながら頂くカフェは最高に贅沢な気分になれます。

店内から街行く人を観察

店内から街行く人を観察

日本みたいに、呼んでもすぐにギャルソンさんが来てくれなかったり席に着くまで待たされたりルーズな所もありますがそこも海外の良いところ。
パリは至る所に素敵なカフェだらけ。
有名店もいいけど、雰囲気のいいカフェを見つけて入るのも良いかもしれませんね。

ムニュ(メニューの事)

ムニュ(メニューの事)

まだまだ美味しいもの食べて来たので、また次回アップします。

※情報は2017.2.24時点のものです

miroir

“miroir”はフランス語で鏡。ファッションとフランスが大好きなアラフォー女子。 姉の影響で小さい頃からファッションに興味をもち、学生時代からセレクトショップで販売員として接客、商品担当、店舗プレスなど様々な業務に携わる。 現在はお店の枠にとらわれず、その人の悩み、ライフスタイル、理想に合ったスタイルをカウンセリングを大切にして提案。 他、パーソナルカラー診断、クローゼット診断で自分を知るお手伝いも行っている。

公式facebook:https://www.facebook.com/miroirme

ブログ:http://www.miroir.me/

関連タグ

この記事もおすすめ