ちょいと顔出し【初のプレミアムフライデー「サ日記」】

 きのうは、読者さんの飼い猫、それも「おれ似」の二匹にまかせて、現われなかったおれ。

 今週はもういっか、と思ったが、せっかくの「プレミアムフライデー」初実施の日ということで、ちょっとだけ顔を出す。

 

 だいたい、急に午後3時に家に帰るようにしなさい、って言われても困る人が多いんじゃニャイか。だいたい、自営業で家で仕事してる人は、どこに行けというのか。ある意味、おれも自営業みたいなもんだからニャ。曜日は関係無い。

 飼い主Jは、「結婚式場が率先して、金曜日の夕方からの披露宴実施をどんどん推進してくれたら、いいんじゃないか」と言ってる。ほんとうに普及したら、帰りやすいし、平日をもて余してきた式場も使われて、一石二鳥だ。

 ほんとは、飼い主は休日に結婚式に出なくて済むようになるのを狙ってるらしいが。

 最近、すっかり甘え猫になったと定評のおれだが、テーブルで作業してたりごはん食べてたりする飼い主のじゃまも日課になってきた。

 猫らしい行動の一つだ。

 猫を飼ってる人は、じゃまにせずに、理解を持って接して欲しいですニャ。

※情報は2017.2.24時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ