腕白な2歳の息子にハラハラの毎日 ついに生死を分かつ事件が…

我が家には、おしゃまな4歳の娘と、腕白な2歳の息子がいます。

筆者自身、姉妹で育ち「小さな男の子ってどんな感じなんだろう?育ててみたい」と思っていましたが、まさか男の子が、こんなに訳の分からないことをする未知の生物だとは、想像もしていなかったのです・・・

photo of little boy looks in the toilet

我が家の息子のアダナは、あの大ヒット漫画『進撃の巨人』由来の《死に急ぎ野郎》。

ヨチヨチと歩けるようになった1歳から、悪戯盛りの2歳のこれまで「あぁ!死んじゃう!!」と青ざめるシーンが多々ありました。

 育児あるあるだと思いますが、子供が静かな時は、大抵、悪いことをしています。

ある時、洗濯物を干して部屋に戻ってくると、息子の姿はなく、声もしません。束の間の静けさに嫌な予感を覚えながら、部屋のあちこちを探し、トイレの便器に向かってしゃがみこんでいる息子を発見しました。

 息子は、便器をのぞきこみ、内側をつつきながら、その指をお口にポイッ!

「うへぁ!トイレの水をなめたら、ばっちぃよ!」と急いで息子の手をとると、指先に透明なゼリー状のものがついています。息子が舐めていたのは、水を流すたびにトイレがピカピカになる、トイレスタンプ洗剤でした・・・。

便器の様子を確認すると、昨日、新しく設置したばかりのトイレスタンプが、もう半分もありません。

指と口の周りを、ゼリー状のものでキラキラさせた息子は、ニコニコと笑いながら、「あなーい~!(甘い)どぉじょー」とトイレ洗剤を勧めてきますが、それどころではありません。慌てて息子の口をゆすぎ、口の中のトイレ洗剤をかきだしました。 

子供が、ボール型のジェル洗剤を誤飲する事故が増えていると、聞いた時には、「洗剤を口に入れる子なんている?!」と思っていましたが、まさか我が子がトイレ洗剤をなめるとは・・・。

結局、様子を見ていましたが、ケロッと元気そうなので、病院に連れて行くことはありませんでした。 

1 / 3

この記事もおすすめ