妊婦おにぎり、陣痛絵、腹タッチ!子沢山ママに子宝祈願するご近所さん

子供が欲しいけれど、なかなか授からない。そんな時、わらにもすがる思いで、子宝神社や子宝スポットにお参りする方も多いことでしょう。妊活中のすべての方が、子宝に恵まれるよう願ってやみませんが、他人に迷惑をかける子宝祈願は考えもの。

筆者が目撃した、厄介な子宝祈願の話をしましょう。

Six brothers from a large family

少子化と言われて久しい昨今、我が子が幼稚園に入園したら、「こんなに子供がいるのに、少子化ってホント?!」と疑問に思うほど、子沢山のママが大勢いました。

まず、同じクラスの20人中、一人っ子は、たった2人。3~4人兄弟姉妹がメジャーで、なかには、8人もの子を育てる子沢山ママもいます。さすがに8人の子沢山ママは、おおらかで、小さなことは気にしません。そんな子沢山ママに、執着するご近所さんがいました。 

子沢山ママとご近所のAさんは、お互い第一子を産んだ時に、仲よくなったそう。子沢山ママが次々と子供を産む一方で、Aさんは長年二人目不妊に悩んでいて、全国の子宝スポットへ足を運んでいました。 

数年前、Aさんから「次々に子供を授かってうらやましい!私も、我が子だけで野球チームができるくらい産みたかった」と告白されました。子沢山ママは、少しでもなにかの力になれたら・・・という気持ちから「妊娠が、風邪みたいにうつるなら、分けてあげたいよ。二人目が来ると良いね」と答えたそうです。 

それからです。Aさんが子沢山ママに執着するようになったのは。 

1 / 3

この記事もおすすめ