ワンルームから広いところへ引っ越したい!【カモナ☆マイルーム】

「ワンルームからちょっと広いところへ 引っ越ししたいな」とは、誰もが考えるのではないでしょうか?

その時に考えておくべきことを、三好不動産の賃貸スマイルプラザ大橋店 掘さんからアドバイスしてもらいました!

ワンルーム→1DK、もしくは 広いワンルームに引っ越したい!

◎まず「引っ越した後にどうなりたいか」をイメージすべし

社会人3年目くらいになってくると、お給料の手取りや必要な生活費のことも把握できます。このタイミングで、「少し広い部屋に」というご希望が増えます。

私はいつもお客様に、まずは「これからどのような暮らしをしたいか」を考えてみてはいかがですか?とアドバイスしています。「職場の近くに住みたい」「静かな環境に移りたい」など。それらを叶える新しいお部屋に出会えるよう、お手伝いをしています。

◎広さ、家賃はどのくらいが希望かを考えておくべし

漠然と「広く」と言っても、どのくらいが必要か、最初は分かりにくいですよね。ひとり暮らしのワンルームの場合、25㎡くらいの広さが一般的です。ひとり暮らしであれば、30㎡以上を目安に探すと、広くなった実感が得られるのではないでしょうか?

家賃は、一般的に「収入の1/3」とよく言われますが、今の社会状況からするとこれは少し高いかも。実際はもう少しリーズナブルに探している方が多いです。

◎自分が現在持っているもの、これから欲しいものをハッキリすべし

広いお部屋に住み替えの場合、よく聞くご希望が「ソファを置きたい」「シングルベッドをセミダブルにしたい」「冷蔵庫を大きくしたい」というもの。

それ以外にも、例えば本が多い人、洋服が多い人、食器が多い人など、人それぞれです。万人に正解の部屋というのはありません。自分の今の持ち物+これから欲しいものをレイアウトして考えてみましょう。


想像引っ越し【1】

ワンルーム⇒1DK

住み替えで一番多いのはこのタイプ

この間取りに向いている人

■生活スペースと寝室を分けたい人

■女性が好むことが多い

■料理をよく作る人

■来客が多い人

 

想像引っ越し【2】

ワンルーム⇒大きめワンルーム

★アイディア次第で使い方はいろいろ

この間取りに向いている人

■より自由度の高い使い方をしたい人

■同じ面積でも広く使いたい人

■あまり来客がない、または人目が気にならない人

■男性が好むことが多い

 

[教えてくれた人]

スマイルプラザ大橋店 堀拓郎さん

大橋は西鉄の急行が停まる人気のエリア。しかし天神に近すぎず、家賃も比較的リーズナブルのオススメエリアです。

 

※情報は2017.3.16時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ