多久市の魅力発信!おかもとまりさんが公式アンバサダーに就任

佐賀県多久市と民間企業が共同出資で作った多久市版地域商社「たくさんエクスプレス」がスタートし、タレントのおかもとまりさんが公式アンバサダーに就任しました。

多久市の横尾俊彦市長とおかもとまりさん

多久市の横尾俊彦市長とおかもとまりさん

「たくさんエクスプレス」は、多久市と総務省 地域資源・事業化支援アドバイザー林田暢明氏、民間企業のランドブレインツインプラネットの共同出資で2017年2月28日に設立。農業が盛んな多久市の魅力を広くPRするため、多久産野菜を福岡の飲食店などに直送する事業を中心に、マルシェの開催や加工品の開発事業などに取り組む予定だそうです。

ナチュラルフードコーディネーターやダイエットアドバイザーとしても活躍するおかもとさんは、アンバサダー就任式で「多久市のたくさんの野菜を通し、消費者目線でたくさんの魅力を伝えていきたい。オリジナルレシピや名産品を使った加工品プロデュースも楽しみです」とコメント。

また、2児の母でもあるおかもとさんは「子どもにも喜んでもらえる、栄養価の高いクッキーのようなお菓子なども作ってみたい」と話していました。

多久市の新鮮な野菜を前に大喜びのおかもとさん

多久市の新鮮な野菜を前に大喜びのおかもとさん

横尾市長は「官と民がタッグを組み、地元の名産を発信していく新しい取り組み。多久市は「サザエさん」の作者である長谷川町子さんの出身地でもありますが、意外と知られていない多久市の魅力を今後どんどん発信していきたい」と意欲。

多久市には、江戸時代から作られてきた伝統野菜で、重さ13kgにもなる大きな赤紫色の「女山大根」や、通常のなすの3倍の大きさの「桐岡なす」など、名物となる野菜がたくさんありますが、そんな魅力あふれる食材がどうプロデュースされ、発信されるのか。「たくさんエクスプレス」の今後の展開にどうぞご期待ください!

公式サイト⇒http://takusanexpress.com/ 

※情報は2017.3.25時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ