地元大濠高校引き分け再試合か!【さくらまつりの福岡よりのサ日記】

 センバツに出ている福岡大学附属大濠高校(これが正式な校名だ)が、きのうの滋賀学園との試合で、15回でも決着付かず、きょう再試合にニャった。

 三浦銀二投手は196球も投げたのに、きょうも投げるとは。すごいニャ。肩をこわさニャイといいが。おれの住む福岡市南区の筑紫丘中学校出身だから、ますます応援するぞ。去年の大濠のエースだった濱地真澄投手もドラフト4位で阪神に入団した。三浦投手も、是非プロで活躍して欲しいニャ。

 

 他のスポーツ新聞は、稀勢の里優勝一色だが、地元の西日本スポーツ(通称・西スポ)は、大濠高校だ。

 きのうの西スポは、松坂投手の7回ノーヒットが1面だ。ホークスが1面に来ることがほとんど。博多華丸さんも、アメトークでそのことを紹介してたニャ。

 おれは、昔気質の猫だから、ちゃんと普通の新聞にも目を通すぞ。トランプ大統領も、かなり勢いが衰えてきてるぞ。側近として起用した人たちも離れていってる感じで、トランプ一家は、さながら「アメリカの籠池さんファミリー」っぽくニャってきてるようだ。

 「トランプ相場」とかいって、一時は2万3千円まで行くんじゃニャイかと言われた株価も下がっている。飼い主Jの知人で株が趣味の人は大いに焦ってるらしい。

 欲をかくとダメだニャ。

 3月も下旬になったが、福岡でもまだ肌寒い日もある。おれは、幽閉中の身だから、わからんが外の陽気はどうなのか。

 東京に続き、福岡でも桜の開花宣言をしたようだが。

 福岡城址にある舞鶴公園では、さくらまつりが始まった。近くの通りでは、こうやってPRしているが、肝心の桜の花がもうちょいかニャア。

 こうやって、咲いてる木もある。

  ビルの上から見下ろす公園。福岡でも最も景色のいい場所といっても過言じゃニャかろう。

 近くのバス停にあった焼酎の広告。こっちは満開。下戸のおれは無理だが、酒好きは、ほろ酔い気分になりそうだニャ。

「桜咲く」といえば、おれの読者プレゼント「落ちないキットカット」は、そこそこ効力があったみたいで、多くの人からさまざまな試験に「合格しました!」というウレシイおたよりが届き、「落ちました」という話はきいてないニャア。

 

 こんなお話もいただいた。↓↓↓

 「息子は大学に進学した後に、難病になり半年ほど寝たきりになりました。現在だいぶ病気と折り合いをつけ外出できるようになり、再受験しました。専門学校に入りましたが、自立して生きていけるよう努力して欲しいと思っています」(※要約してますニャ)

 息子さんは、キットカットを大喜びで食べてくださったそうだぞ。こういう話を見ると、ほんとブログを書き始めてよかったニャア、と思う。おかあさんは、「サ日記」をたのしみにしてくれてるしニャ。

 福岡(小郡市)在住の直木賞作家・東山彰良さんがけさの西日本新聞朝刊の連載で、おれさまも大好きな猫おやつ「ちゅ~る」のことを書いている。正式には、「チャオちゅ~る」というらしい。

 「なにかヤバいものが入ってるんじゃニャイか」と噂されるくらい、愛猫家の間で、ちゅ~るへの猫の食いつきが良いにもかかわらず、東山家の猫はなぜか食指を動かさニャイという話が要旨だ。

 おれは、この通り。ちゅ~るの魔力に憑りつかれた派だ。飼い主にとっては、猫を寄せる画期的な発明だという。

 ガァブ! いろんな猫の野性が甦るぞ。東山さんの猫は、どうしたってんだ。

 でも、4月号の「オール讀物」で編集部が間違って「おやつのちゅ~るを日に三パックも食べています」と説明文に書かれてしまってるらしい。他の人の飼い猫と取り違えたようだが、うらやましい猫もいたもんだ。うちでは、一日一パックと決められてるからニャア。

 もうおなじみのおれの弟分・クロシロもちゅ~るが好きだぞ。こやつもおれも、マタタビ好きだから、ひょっとしたら、マタタビの成分が含まれておるのかもしれんニャ。

 

 ニャアニャア鳴いて、挑戦的な表情で当然のようにえさをねだりに来るクロシロ。弟子だけあって物怖じせずたのもしいぞ。

 しかし、ちゅ~るは、そう簡単にはやられん。おれの分ももう無くなった。今回の分は、いなばペットフーズさんから新商品発表会の時にいただいたものだから、今度は飼い主に沢山買ってもらおう。クロシロには、時々おすそ分けだ。

 今は、かつお節を食っててくれ。これもイケるだろう。

 満足したごたるニャ。また来いや。て言っても、すぐ近くにおるんだけどニャ。

 最近のクロシロは、わが家でしこたまウマいもの食べて、元気が有り余ってる。夜には、近所の家で門番のバイトもしておるのかニャ。目玉が妖しく光ってる。

 さて、新聞も読み疲れてきたニャ。外も異状なさそうだ。

 最近外出してニャイので、ねずみとかとかげと対峙する機会に恵まれん。しかし、常に爪を鋭くして有事に備えておかんとニャ。

 ん、またクロシロが来て鳴いておるニャア。よく食べるやつだ。

 ひと(猫)のことは言えん。おれも、また首が太くなってきたようだ。

 大分に出稼ぎに行っていないTの寝床を最近は活用しておる。ひょうの模様の毛布が猛獣のおれらしくて気分いいぞ。

 居間のこの毛布も捨てがたいがニャ。

 あっ、大濠ともう1校センバツ出場の福岡県代表・東海大福岡高校(宗像市、旧名東海大第五高校)が、清宮選手のいる早実高校に11対8で勝ったぞ。すごいじゃニャイか。

 どれ、大濠の再試合が始まる前に仮眠しとくか。

 ほんとに甲子園球児は、昼寝もせず、あんなに動き回ってエライですニャア。

 おれは、もう少し寝るから。

 試合始まったら、起こしておくれニャ。

※情報は2017.3.27時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ