営業車でデートするサボリーマン上司に鉄槌を!カーナビに残った履歴を激写!

皆さんは「働きアリの法則」を知っていますか?アリ=働き者のイメージがありますが、実は集団の中の数%は必ず、サボって働かないのだと言います。そして、どれだけ働くアリを集めても、必ず働かないアリが出てくるのだとか。

人間の世界でも、必ず仕事をサボる人間がいて、そういう輩に限って出世をして、周囲を困らせるのが世の常。そんなサボる上司に困った、一人の女性がとった行動とは・・・。

Young businesswoman having headache, stress at workplace, feeling ill, finance problem. Office female overworked, difficult decision, negotiating fears, depressed, forgot, made error, pretending sick

敏腕営業ウーマンの友人と会うと、恒例の愚痴が始まります。愚痴の相手は、彼女の直属の上司。

上司は、サボってばかりの営業マンで、「得意先をまわってから、直帰する」と言って、行方不明になることが日常茶飯事。仕事を放り投げたまま、連絡もつかないため、部下達は、尻ぬぐいで残業する羽目になります。

さらに上司自身の営業成績は、イマイチでしたが、営業成績の良い部下の手柄を横取りするため、上からの評価は高く、出世街道をまっしぐら。彼女も自分が開拓した営業先を、途中で上司に奪われて、腹を立てていました。

 

ある日のこと。彼女が普段使っている営業車の調子が悪く、たまたま空いていた車に乗り込みました。その車は、サボり上司がよく使う営業車でした。彼女の会社では、営業車が数十台あり、なんとなく「●●さん専用車」と決まっているのですが、背に腹はかえられません。

初めて行く場所なので、カーナビを利用したところ、履歴が残っていました。

彼女は興味本位で、履歴を見てみると、スーパー銭湯やレストラン、アミューズメントパーク、ホテルなど、明らかに営業先ではない場所がチラホラと。そのいずれも、男性が一人で行く場所ではない、デートスポットばかりです。

1 / 2

この記事もおすすめ