バックレは絶対に許さない!PTA役員に脅された恐怖の夜

任意団体にも関わらず、いまだ確固たる強制力を有するPTA。「働いている」とか「下の子がまだ小さくて」などが全て言い訳扱いされてしまう“古き悪しき”イマドキのPTA事情です。

Mature Woman Discussing Problems With Counselor

「仕事があるので・・・」で、逃げられるのを避けるためなのか?
長男が通っている小学校のPTAは、土曜日の夜、19時頃に開かれます。

でも、次男がまだ1歳の我が家にとって、土曜日の夜は、まさに鬼門タイム。
土曜日まで夫が仕事のため、週末と言えども、忙しさは平日と同じ。
ご飯の支度、子どもたちの食事、お風呂など、ちょうど19時頃はバタバタMAXの時間帯です。

それなのに、集会の不参加は一切許してくれないPTA。
役員からは容赦なく「お子さんたちも一緒いらして大丈夫ですよ」と血も涙もない一言で、参加を断る隙は一切ナシ。
“子どものため”に作られた団体であるにも関わらず、子どもがいる家庭の事情なんて全く配慮してもらえない『PTA』の恐ろしい呪縛が幕を開けました。

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ