GWに間に合う!長時間移動中に子どもを飽きさせないための3つの提案

ゴールデンウィークが近づいてきました。

お出かけの計画は楽しいものですが、子連れの遠出は、車や公共交通機関での移動がなかなか悩ましいものです。

今回は移動中の“間をもたせるコツ”をご紹介したいと思います。

01.いつもの“好き”を持っていく

例え1歳くらいの子でも、普段は乗らない乗り物に乗ったりすれば、なんとなく「今日は家族イベントだな」と感じます。

そのため、興奮してしまったり、興奮した反動か急にガクッと気持ちが下降したり、単純にハイペースで疲れたり、結局ぐずってしまうこともよくあります。

また、反対に、いつもと違う環境に緊張してしまう子もいます。

そういう、気持ちのコントロールに迷っているときに、普段のお出かけにも持っていく本や、小さなおもちゃなどが出てくると、子どもはホッとします。

「うちの子は飽きずにこれが好き」というものがあれば、本人のお守り代わりとしても持って行ってあげましょう。

 

02.普段あまり使わないものを用意する

普段あまり使わないもの。例えば、ペンなどを持っていきます。

「なにこれ?」と初めてのものに興味を持ち、いろいろ試して遊ぶうちに結構時間は過ぎるもの。

いつもはなるべく遠ざけたいものですが、旅行中、お絵かきタイムで使わせてあげると「やった!」と飽きずに遊んでくれるかもしれません。

レバーを動かして書いたり消したりできる「お絵かきボード」なども良いでしょう。

 

03.100円ショップで消耗おもちゃを準備する

新幹線や飛行機など、簡易のテーブルがあるような空間なら、簡単な工作遊びをするのも良いでしょう。

◆シール貼り

シールブックを購入し自由に貼らせて遊んだり、ペットボトルに貼って“〇〇ちゃん用ボトル”、紙コップに貼って“〇〇君用コップ”とすると、愛着も出て楽しく遊んでくれます。

◆ジュース作り

透明のプラコップに、色紙やティッシュをちぎって入れて、ジュースの完成です。(ストローがあるとなお喜びます)蓋つきのカップを用意できれば散らかり防止にもなりますね。

ちなみに、レクルンの教室では、メラミンスポンジを「氷」としてちぎって入れて作ります。

ジュース作りは、教室でも大人気の工作遊びです。お試しください。

◆梱包材のジュース

プレゼント用のクッション材をちぎったりつぶしたりして、ペットボトルの中に入れます。簡単にちぎれたりつぶせたりする感触の楽しさと、「落として入れる」という子どもの大好きな動作の「コラボ」です。振っても大きな音がしないので安心です。

※クッション材はちょっと散らかる恐れがあるので注意。お口にも入れないように気をつけてください。

その他、ぬり絵、お絵かき帳、折り紙遊びといった、いわば“王道”アイテムも、もちろん健在です。

また、子どもは何ででも遊べる天才。ひも1本、ビニール袋1枚でもアイデア1つでおもちゃに変身です。手近なもので子どもが遊びだしたら、迷惑にならず、危なくない範囲で楽しませてあげると、移動中のぐずりの解消につながるのではないでしょうか。

※情報は2017.4.26時点のものです

楽しくて賢くなる子育てノート 幼児教室「レクルン」

福岡天神の1~3歳向けの幼児教室「レクルン」の平田です。
育児のワンポイントアドバイス、手作り知育おもちゃの作り方、などご紹介していきます。
幼児教室レクルン:http://www.recrun.net/

◆不定期更新

関連タグ

この記事もおすすめ