運動会の場所取りは親の戦い!ルール無視の荒業にドン引き!

長男が通う小学校の運動会では、朝早くからその前哨戦とも言うべく、保護者の運動会が開催されます。それは、子どもたちの競技を観覧するための場所取り合戦です。

この戦いにおいて、ある保護者にドン引きした体験談です。

running in a relay race on a field day in Japan

朝7時の開門と同時に、保護者の猛ダッシュで始まる場所取り合戦。
子どもたちの競技が見やすいのはもちろんのこと、日陰という絶好のポジションを確保するのは、毎年至難の業です。

この保護者同士の戦いは、開門時間のずっと前、まだ夜も明けていない午前3時から幕を開けます。

アウトドアチェアと防寒具、暇つぶし用の携帯&ポータブルバッテリーを持って、家を出る夫と私。 開門前に並んでくれる夫を、小学校の門の前まで車で送迎するのが、私の担当です。

しかし、学校に着いて愕然としました。

自分たちが一番乗りだと思っていたにも関わらず、なんと、すでに5人ものお父さんたちが並んでいるのです!

車を降りるなり、門まで猛ダッシュする夫。 夫の後にも次々と他のお父さんたちが列をなしていくのが、車の室内ミラーからも確認できました。

帰宅後、運動会のお弁当作りに励んでいる私のもとに、夫からメールが入りました。

「開門20分前に、門に集合!」

夫によると、開門1時間前の6時で、すでに100人超えの保護者が並んでいると言うのです。

「夫婦で協力し合わなければ到底良席なんて確保できそうにない!」

焦った夫から、切実なSOSメールが次々と届きます。

こうして、事の重大さに半信半疑ながらも内心ソワソワしだした私は、開門30分前に学校に行ってみることに。

すると、びっくり仰天!

夫が6番目に並んでいたはずなのに、門の前にもう1本の列のようなものができているのです。
慌てて駆け寄る私に、夫がこそっと耳打ちします。

「列が学校を1週してるんだよ。」

あまりに驚きすぎて、声も出ない私。
口を開けたまま列を見渡すと、確かに、私の目の前にいる人たちは列の最後尾のようなのです。

身が引き締まった私たちは、改めて場所取り予定のポジションを確認。
開門と同時に今年一番のダッシュで校舎前を走り抜け、少ない日陰スポットを渾身の滑り込みで確保することができました!

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ