結婚相手を探すため、嘘をついて入社・・・常識はずれのトンデモ女子

婚活女子の間で注目されているのが、理系男子。奥手で真面目そう、周りに女性が少なくて狙い目、理系の専門職なら将来性があって頼もしい・・・など、理想の旦那さんとして、理系男子は人気なのです。

そんな理系男子の中から、結婚相手を探そうと、面接でワークスキルの虚偽申告をして、職場に潜り込んだ不届き者がいたのです・・・。

Engineering students working in the lab, a student is using a 3D printer in the background

リケジョ(理系女子)のAさんが働くのは、男性9割、女性1割という研究関連の施設。数少ない女性社員にみんな優しく接してくれるので、非常に居心地の良い環境です。

ある時、Aさんが高校時代の友人達とごはんを食べながら、理系男子の良さを熱弁していました。

「うちの職場には、イケメン男性はいないけれど、磨けば光る原石ばかり!みんな大学院卒だから頭は良いし、年収も高くて、経済的に安定しているでしょ。奥手で、女性慣れしていないから、浮気の心配もなさそう。理系男子は、結婚相手にぴったりだと思う!」

その話に食いついてきたBさん。派遣社員で、もうすぐ今の職場の契約期間が満了するので、何度も「結婚して、永久就職したーい!」とぼやいていました。

ちょうどAさんの勤める研究施設で、事務員のパートを募集していました。それを聞きつけたBさんは、さっそく面接を受けて、採用されたのです。

ところが、事務員の募集条件として、表計算ソフトのExcelスキルが必須だったため、Aさんは「ねえ、Bさんってパソコンが苦手じゃなかった?ブラインドタッチもできないって。大丈夫?」と心配して尋ねましたが、Bさんはどこ吹く風。

「大丈夫だよ~それに男性が多いんでしょ?女が『教えてくださ~い』って言ったら、手助けしてくれるでしょ」

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ