『知事が妊婦に』動画が「大賞」受賞![福岡広告協会賞]

 佐賀県知事がプロジェクトリーダーを務め、 九州・山口の各県と経済界が一体となって作成した、 九州・山口ワーク・ライフ・バランス(WLB)推進キャンペーン動画「知事が妊婦に」が、 第56回福岡広告協会賞で応募総数369作品の中から「大賞」を受賞しました。

(左から)山口県知事・佐賀県知事・宮崎県知事

『知事が妊婦に』は、男性の仕事と生活の調和意識を醸成し、子育てに優しい職場づくりを推進することを目的として、九州・山口各県及び経済界が共同で作成した動画。

佐賀、宮崎、山口の3県知事の妊婦体験等を盛り込んでおり、昨年秋の公開以降、多くの全国メディアで数多く取り上げられました。また、アメリカのNEW YORK POSTやイギリスのTelegraphなど、世界15カ国40媒体でも取り上げられています。世界での反響も大きく、国内外で2,500万回以上、再生・視聴されています。

今年3月にタイで開催された「第20回アジア太平洋広告祭」(ADFEST2017)では、18部門3,011作品の中で、LOTUS ROOTS部門のファイナリストに入賞しました。

贈賞式は、6月7日(水)に福岡市内で開催されます。

 

 

福岡広告協会ホームページ

※情報は2017.5.27時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ