サ日記、ついに「100ポチっ♡」達成!!!

 不思議なことがあるニャア。

 4月10日。1か月半も前にアップしたおれの「サ日記」、前日が書き始めて1年目だったという話を書いた。

 それが親サイトの「ファンファン福岡」のきょうの人気ナンバーワンになっていて、「この記事が好きなら押してね」という意味の「ポチっ♡」のクリック数がつい先日まで96とか97とかだったのに、さっき見たら107まで増えているじゃニャイか。どうしたんだ。ありがたいが。

 ようわからんが、今募集中でイマイチ応募の少ない「サニ皿」企画は、もともと100ポチ達成したらやります、というシロモノだったのを、いつまでもポチっが増えないので無理矢理始めたとこだったんで、ホッと胸を撫でおろしてるところですニャ。

 話変わるが、この双子猫さんたちは、以前「IBGP」に応募して女子の部でグランプリに輝いたきなこさんとあんこさん姉妹ですニャ。応募当時は、赤ちゃん猫に近かったが、だいぶ大きくなってますニャ。月日はあっという間に過ぎるという意味の「ドッグ・イヤー」という言葉があるらしいが、キャットの成長も早いからニャ。

 これまたいい味出してる写真ですニャ。顔が見えんのでわからんかもしれんが、これまた「IBGP」に応募したレオ君と、その後仲間に加わったルナ君。

 二匹とも子猫だったが、早くから同居して他猫なのに、仲良しのようだ。デカいほうが、レオ君ですニャ。彼らの飼い主は、おれの「サニ皿」企画に文章を寄せてくれてるんで、後日ちゃんと顔がわかる写真とともに披露しますからニャ。

 ところでだ。おれは最近サッカーに興味しんしんだ。なにせ、ユニフォームをいただいたからニャ。

 で、先日ユースサッカー選手権という20歳以下の日本代表の試合(南アフリカ戦)をテレビ観戦しておった。

 この審判、誰かに似てニャイか?

 そう、オーシャンズ11やERで有名なジョージ・クルーニーに似ておるぞ。ニュージーランドの人らしい。

 この姿は、日本の小川選手の打ったシュートがちゃんとゴールの枠内に入ったかどうか確認してるとこですニャ。

 「だからどうした?」と問われれば、「いやニャンでもありません」と、いくらでもあやまる用意はある。

 そうそう、厚かましい茶色いやつとかに押されてしばらくごぶさただった弟子のクロシロが、最近またやって来るぞ。

 おれが腹を立てない唯一の猫、それがこいつだ。飼い主たちも手厚くもてなす。えさに、かつお節にちゅ~るにマタタビ。至れり尽くせりだニャ。

 ま、おれの弟子だから賓客並みの扱いをしてるんだろうニャ。

 5月ももうじき終り。梅雨の季節、6月に入るぞ。

 「サニ皿」、ぼちぼち応募来始めた。みなさん、超特大のちゅ~る詰め合わせがもらえるビッグチャンスですぞ。沢山応募してくださいニャ。

※情報は2017.5.26時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ