自分の強みが分からないと嘆く方へ フツーの私が、総理を口説きました!~NAI・NAI起業のなまはげみき Vol 12

♪NAI-NAI-NAIお金ない、NAI-NAI-NAI 場所もない、NAI-NAI-NAI でもとまらない~.

お金も人脈も知識もなく起業した太刀山美樹です。

 

むかし「プロポーズ大作戦」って番組があったのを知ってますか?

ほかのコーナーはよく思い出せないのですが、フィーリングカップル5on5のコーナーがありました。

男女5人ずつ対面で座り、第一印象とトークから、ひとりずつ好きな人を選んで、カップルになっていくというもの。(この昭和の番組がわかるのはある年代以上です。w)

1人目の席に座るのは、チームを率いるキャプテン。間に可愛い子を置き、最後に座るのはちょっと面白い人。この5人目の枠の存在って、すごくいい味を出す存在だと私は思っています。どんなお洒落な設定のドラマにも、よく見かけるとお笑い枠がありますよね。かつての昭和な話をすれば、「ふぞろいの林檎たち」の柳沢慎吾さんみたいな役どころ。

「なぜこの人が?このドラマにでているんだ?」クスっと笑みがでる。

キレイな役柄ばかりを見ていると、飽きるためなのか?いいスパイスであり、

「この人がやれているのだもの。私もがんばれば、きっと…」身近な存在で安心感がある。

ゴリラがビルに登れるんだから、私だって…

ゴリラがビルに登れるんだから、私だって…

私は、その枠に選んで入れてもらう機会が、どうも多いようです。しかし…

私がまさか総理大臣を口説く日がこようとは…

 

昨年、ヒルトン福岡シーホークで開催された第8回若者女性活躍推進フォーラムin福岡にて、まさに5枠の席をいただく事になります。私には恐れ多いプレゼンテーターへのオファーでした。ほかの4席の方と並んでいいのか?!

 

プレゼンテーターは5人。

慶応の学部長。福岡女子大学長。ふくや川原社長。ビスネット久留社長。そして、私。

まさに、正真正銘の「5枠」がやってきたのでした!!

 

解説:本来ならば、私のところへくるようなお話ではなかったと思います。幸運だったのは、その頃の私は、福岡県の海老井副知事が、塾長として率いていただいた(福岡県のあすばるが主催)ふくおかいきいき女性塾の1期生として、約8ヶ月間、よか仲間と学び、研究発表して卒業したところでした。(〆切すぎましたが3期性募集の記事 http://www.asubaru.or.jp/seminars/detail/654)たまたま「女性目線の起業例」として私のところにお話がきたのだと思います。

 

本当に悩みました。大臣、国会議員に、各財界の方々を相手に、私が何を話したらいいのか?

女性目線の起業と言っていいのか?弊社はみんなで頑張っている小さな手づくりの会社です。大きな事もいえません。ううう…そこで考えました。私がなぜ、選ばれたのか?!すると…

 

そう!!私は「5枠」の女やん!!それしかない。

だったら、5枠の仕事をしないでどうするの?!

キングコングになったつもりでやればなんだってできるはず!

キングコングになったつもりでやればなんだってできるはず!

とはいえきちんとした席で、あまり外れた事をする事はできません。NHK福岡の体操のコーナー(街角でスカウトNHK https://fanfunfukuoka.com/column/8198/)担当の頃に、この点はしっかり勉強させていただいています。

 

私らしさで勝負しないでどうする!?

そこでいろんな方のおかげで資料と原稿ができていきました。女性塾のメンバーも応援にたくさん来てくれます。

 

そしてなんと、数日前に、安倍総理の参加も決定しました!

そこである自分らしい作戦が、頭の中に浮かんでいました。

 

当日は、重々しい空気の中、舞台裏はすごい状態でした。総理はセキュリティーのこともあり、10分前に到着そのまま会場へ。小川知事のご挨拶でスタート。

(当日の様子は、フジTVの全国ネットにて放送されました)

 

私のプレゼンの冒頭は

「私は芯の強い子ども達を育てる運動塾MIKIファニットを経営しています。今からのグローバルな時代に、活躍できる子どもに育ってもらいたいです。そのためには、まずは足元から、地元をしっかり愛するココロを育みたい。だから今日は着物に、地元の博多織の帯を締めて参りました…」

 

なまはげみきのココロの声⇒大きくうなずいていただいている。ツカミはOK!

 

2人の子育てと幼少中高大の講師をした経験から、我が子を通わせたい教室をつくっていった事。九大学研都市駅前にあるイオン福岡伊都店  https://fanfunfukuoka.com/family/5186/ でスタジオをつくり、その利便性と信頼度から伸びてきた事を話していきます。

【なまはげみきのココロの声】予想どおりだ。5人目の私に飽きはじめている。作戦はGOだ!!

【なまはげみきのココロの声】予想どおりだ。5人目の私に飽きはじめている。作戦はGOだ!!

横並びに並んでいる一番の奥、5枠の席から、私は身を乗り出して聞いてみました。

「ところで、安倍総理。私のような女性の事をどうおもわれますか?」

一瞬にして、し~ん。会場のココロの声が聞こえます。

オマエハナニヲイイダスンダ?

そ、そして…それは総理ご自身が一番感じられたはず。

オマエハナニヲイイダスンダ?

 

「?・・・す、すてきですよ」 

この時のやりとりはテレビでも紹介されました!

【なまはげみきのココロの声】きた~~!!こう聞かれるとこう答えるしかないだろうと思っていた。

 

「ありがとうございます。総理にいい女といっていただき光栄です。実はすごくいい女が、この会場にも博多の町にもたくさんいます。この方々が社会で活躍できるようにサポートする、私はこんな事業をしていきたいと思っていて…。」

と、続けていきました。

【太刀山美樹のココロの声】会場のみなさんの視線が資料から、私へと変わり、聞いてもらっている。

【なまはげみきのココロの声】会場のみなさんの視線が資料から私へと変わり、聞いてもらっている。

「そのためには少しだけ、…のような制度的なお手伝いをお願いできたら幸いです。そうすれば、きっとますます、(フォーラムのテーマである)素敵な女性が、若者が、そして子ども達はじめ、すてきな街ができていくと思っています。おまかせください!」

 

私は、有名スポーツ選手ではありません。大きな会社を経営しているわけでなければ、とびぬけた才能や美貌にあふれている!なんてこともありません。

 

もし自分のトリセツ(取扱説明書)を作るなら、性能の欄には最初の項目にこう入ります。

身近な存在で、たまに面白い事を言う

そうなんです。私にはないものばかり。普通なんです。でも、ないものを嘆いていても仕方なく、何もはじまりません。だったら自分の強みはなに?と徹底的に考えた時に、

 

強みは、【特別ではない事=普通である事】だと気が付いたのです。

 

特別だと思われている人は、「すごく楽しませてもらえるのだろう」と期待値も高く、それに見合うものを出さないと不満足につながります。が、最初に普通と思われていると、ハードルが低いので、ちょっとしたことで好印象に変わります。なにより、挑む気もちも楽なんです。

注意: とはいえ、中身がないと思われると、完全にスルーされてしまう事になりますので、きっかけあとはやはり精進していくことが大事ですが… 笑

 

自分の武器というものは、自分で、「これが私の武器」だと思えばいい事だと思っています。

私の武器は5枠にはいる【普通さ】をもっている事です。ここをきっかけにまずはいる。そこからまたどう展開していけるかは自分次第。

自身の強みを生かし、次のステージへ進むかどうかは自分次第

自身の強みを生かし、次のステージへの扉を開くかどうかはその人次第だと思います

アミカスの女性起業セミナーの講師がよく言っていました。

「財布の中にあるだけしか、買い物はできません」予算との相談で事業はするもの。これって当たり前だけど、本当に大事な事なんですよね…。

そして私は精神面でもこの言葉が響いていました。九州弁を話す関西系おばちゃん?の強みを生かします。私には財源がありません。ましてや、リチャード・ギアもいない。だから、ジュリア・ロバーツが「ここからここまでください」と洋服の列をだだ~~っと買う、プリティ・ウーマンの映画のワンシーンのような事もできないのです。でも財布の中を、じっと黙ってみていたって中身は増えないし、この中身で最高の買い物をすることを目指したいなと思います。

 

5枠にはいる事を最大に生かし、はいった後につなげる 事を考えていきます。

(ただ、私がなかなかツメが甘く、ぐぐっとつないで仕事へとは生かしきれない事も多いのですが、この新たな世界と勉強がおもしろいです!)

総理のお話、続きはまた来週6月10日の火曜サスペンスMIKI劇場でお話いたします。

 【火曜サスペンスMIKI劇場は、毎週火曜日午後10時更新です】

※情報は2014.6.3時点のものです

なまはげみき 太刀山美樹

福岡県筑後市出身。23歳で結婚出産。地域のママサークルが口コミで広がり、その後「きみ、おもろいね」とNHK福岡や、学校講師に、街角でスカウトされ経験を積む。2006年MIKIファニットを起業。

「どうせ無理と諦めてる子いねえ~が!」

と喝をいれる<幼児教育界のなまはげ>としても活動中。

好きな言葉「来た球は打つ」

MIKIファニット  http://www.mikifunnit.com

この記事もおすすめ