朝ヨガでフェロモン分泌☆meiのオトナ女子塾 lesson.1

恋せよ乙女、女性は一度本気で誰かを好きになると、「この人の遺伝子が欲しい!」と思ってしまうのをご存知ですか?

これは女性が持っている子孫繁栄のための生物的な本能。

 

さて、今日は実はオトナなネタもいけるヨガ&バレエ講師の私meiが、大真面目に「意中の男性を落とす方法」について、ヨガ的観点からも考察したいと思います。

 

では本題。

「この人の遺伝子が欲しい!」と思えるような自分にとってのベストな男性が目の前に現れた時…!

あなたは落とせる自信がありますか?

色気より食い気なそこのアナタ、ちょっと危機感持ってください。

(食い意地が人一倍のお前が言うなと怒られそうですが)

 

ものすご〜く美人というわけではないのに、なぜか男性にモテモテな女性っていますよね。

もしくは、髪型とか洋服とか色っぽいわけじゃないけど、ひっきりなしに男性に言い寄られている女性。

もちろん性格がとってもいいのかもしれないけど、彼女達は必ずあるモノを人より多く持っています。

 

それは…

 

フェロモン。

 

無意識に男性を興奮させて自分を好きにさせる、あの化学物質です。きゃっ。

やっぱり意中の男性を落とすには、フェロモン=“内側から発せられる色気”は不可欠というワケです。

 

巷では、目を虚ろにし、グロスたっぷりにぽってり唇を演出してゆっくり男性に話しかけるなどの「檀蜜テク」を実践する女子も多いようですが、そんな小手先のお色気作戦は通用しません。

どうせ目指すなら、石原さとみ!井川遥!

彼女達は一見清楚なのになぜか色っぽい。フェロモンが溢れ出ていますよね。

知的かつ、セクシー。これって男性にとっても最高な女性です。

フェロモンある女性は食べていてもセクシー

フェロモン溢れる女性は食べている時もセクシー!

しかしこのフェロモン、出したいけどそう簡単に意識的に出せるものでもないのが問題。

フェロモンを出すには、これが出やすい体質に自分で自分を作り上げることが大切です。

 

そもそもフェロモンは性欲がなければ出すのは困難と言われています。

その性欲の源になっているのがエストロゲン、俗にいう“美人ホルモン”です。

 

エストロゲンは、肌をつやつや、目をうるうる、女性の身体に美的潤いを与えてくれるものでもあります。

ちなみに、脂肪の代謝もアップしてくれる、ダイエッターにも嬉しいホルモンなんですよ。

ですので、ここからは「好きな男性とかいないし、もう今さら恋とか愛とか面倒だし、閉店ガラガラなんだけど」っていう恋愛砂漠女子も是非ご注目ください。

砂漠で永住しちゃダメ。こっちにおいで!

砂漠に永住しちゃダメ。諦めず、恋せよ乙女!

ご存知の通り、エストロゲンは排卵日のあたりに大量に分泌されます。

つまり、生理周期がバラバラで不規則になっているとエストロゲンは分泌されにくくなり、フェロモンが上手に出せなくなってしまいます。

 

生理周期と女性ホルモンのバランスを整えるには、

 

①なんといっても日常生活を規則正しく過ごすよう心がけることが一番。

②健康的な身体作りをして免疫力を上げること。

③ストレスを溜めないこと!エストロゲンは精神が不安定の時に激減します。ストレスにめっぽう弱いのです。

④食事制限を課すような無理なダイエットも厳禁。

 

では具体的にどんな生活を送ればいいのでしょうか。

 

まずは朝起きたら必ず朝日を浴びて、体内時計をリセットして下さい。

そうするとセロトニンという精神を安定させる“安らぎホルモン”が分泌されます。

そしてここで、ヨガのエクササイズを左右1セットしてみましょう!

腹式呼吸でたくさんの酸素を体内に取り入れながら、一定のリズムで身体を動かすヨガは、セロトニン分泌を高め、ストレス解消に繋げるための最も効果的な運動の一つです。

 

しかもそれだけではありません。

有酸素運動と無酸素運動、ストレッチの要素がバランスよく散りばめられたヨガは基礎代謝を効率的にあげ、免疫力アップ&痩せやすい身体作りに威力を発揮します。

必ず毎朝行って下さい。朝のうちに身体のエンジンをかけて1日の走る準備をしておけば、例えいつもと同じ生活を送ったとしても1日の消費エネルギーが変わってくるはずです。

つまり、無理な食事制限をしなくても代謝が上がり痩せやすくなるというわけです。

もちろんこれだけでOKというわけではありませんが…

 

とにかくヨガは、「健康にもダイエットにもストレスケアにも有効な万能薬」と私は思っています!

ヨガのエクササイズは何をしたらいいの?と思われる方は是非「太陽礼拝」をマスターしてみてください。

太陽礼拝とはヨガの最もポピュラーなシークエンス(順序立てられた動き)ですが、やり方はネットで検索すれば、YouTubeでも沢山出てきますよ。

 

さて、心地よい朝でセロトニンをしっかり分泌させることができたら、その後14〜16時間経つとメラトニンという覚醒と睡眠を切り替えて自然な眠りを誘う“睡眠ホルモン”が分泌されます。

 

実は睡眠はフェロモンを出すための最重要ファクター!

特に成長ホルモンが分泌される22時〜2時のゴールデンタイムはしっかり寝てあげましょう。

この時間で体中の細胞は修復され、免疫力は向上します。

免疫力がアップすると、私たちの身体に女性ホルモンを活性化する余力が生まれます。

まさに、「良質な睡眠無くしてフェロモン無し」と言えるでしょう。

良質な睡眠無くしてフェロモン無し!

良質な睡眠無くしてフェロモン無し!

こういった体内時計に沿った活動を、是非決まった時間に行うように意識してみて下さい。

毎日決まった時間に起きて、食事をとり、寝る。それが“規則正しい生活”に姿を変えていくのです。

 

さぁ、今日から22時に寝て夜明けとともに目覚め、ヨガを始めてフェロモン美人になりましょう!

エレベーターなどの密室で男性がムラムラするほどのフェロモンを出せるようになったら、意中の男性を落とすのも思いのまま。

振り撒く天然の媚薬で、その男性の遺伝子はアナタのものです。

 

あ。なんだか魔女的展開になってしまったのが私的に若干不本意ですが…汗

実は男性にも、女性を虜にするフェロモンがあるんですよ!

それは「男らしさ」を左右するホルモン“テストステロン”です。

世の男性方が気になるでしょうから、このテストステロンを多く分泌する方法、ちょっと時間がないので取り急ぎ書きますね!

 

テストステロンに関して、「スタントマンのような常に死と隣り合わせにある危険な仕事をしている男性は強烈なフェロモンを出している」と検証されています。

つまり、命を脅かすような状況に身を置けばフェロモンが強烈に分泌されるというわけですね。

是非、今日から試してみて下さい!では!

 

※情報は2014.6.6時点のものです

中山 めぐみ

  • 福岡県春日市出身。バレエ歴30年・ヨガ歴10年。調子にのってる時は食べる量が相撲部屋の力士並みという、食べることと妄想が大好きな33歳。 30歳で結婚・出産、公共施設で始めた「子連れヨガ」が口コミで広がり、31歳で福岡市に託児付きのヨガスタジオを開業。 キレイ=スガタ×カラダ×ココロをコンセプトにしたホリスティックビューティ協会認定校の校長も務める。 いつまでも若々しく美しくありたい女性の皆さんと、生命力溢れるインナービューティをもっぱら追求中。

    YOGA+BALLET grace http://studio-grace.com/

関連タグ

この記事もおすすめ