いま話題!「佐賀弁ラジオ体操」地元でも県外でも大人気☆

ことし3月15日に発表されました佐賀市と佐賀の文化を広く知って頂き、楽しんで頂くことを目的として佐賀市が作成した「佐賀弁ラジオ体操第一」。あの誰もが知っているラジオ体操のナレーションを、全部「佐賀弁」にしてみたものです。

「佐賀弁ラジオ体操」プロモーション、最初は地味~にはじめました。

「佐賀弁ラジオ体操」プロモーション、最初は地味~にはじめました。

最初はじわじわ地味~に広まっていましたが、職場の朝の朝礼で、子供会や老人会のラジオ体操で、趣味のサークルなどで使われるうちに、いまや爆発的な反響を呼びつつあります。

担当部署の佐賀市シティプロモーション室には「佐賀弁ラジオ体操」に関して、毎日、さまざまなお電話が掛かってきています。 

「ハハハハ、いま、みんなでこれでラジオ体操してみたけど、面白いね~っ」と背後で、おば様たちがわーっと盛り上がっている様子が聴こえてくるお電話や、「介護施設のリハビリに使ってみたら好評でした」とか、「最近は、朝のラジオ体操にくる子供の数が減っていたが、これに変えたら、また人数が増えてきました」とか、「東京にいる娘たちにも教えたら、佐賀弁が懐かしいと喜んでいた」とか、いろんな広がり方をしています。

予想をはるかに上回る反響でありがたいです。

「佐賀弁ラジオ体操」記者会見で実演する宇都宮直高さん(写真右からテノール歌手・佐賀市プロモーション大使)、秀島敏文佐賀市市長、体操を監修した石崎康隆さん(佐賀県体操協会副会長)。秀島市長は毎朝、ラジオ体操を欠かさない「愛好家」です。

「佐賀弁ラジオ体操」記者会見で実演する宇都宮直高さん(写真右からテノール歌手・佐賀市プロモーション大使)、秀島敏文佐賀市市長、体操を監修した石崎康隆さん(佐賀県体操協会副会長)。秀島市長は毎朝、ラジオ体操を欠かさない「愛好家」です。

佐賀弁ラジオ体操……? 私も見てみたいという皆さま…佐賀弁ラジオ体操の音声・動画は、こちらからダウンロードできます。動画では、佐賀女子高等学校新体操部のメンバー3名が出演しています。

https://www.city.saga.lg.jp/main/37197.html

佐賀弁を知らない人のために、「字幕」が流れます…。

佐賀弁を知らない人のために、「字幕」が流れます…。

ラジオ体操のナレーションは、佐賀市出身で、東京で活躍するテノール歌手の宇都宮直高さん(佐賀市プロモーション大使)。じつは甘党の宇都宮さんの「佐賀・パンケーキ紀行」が、ディープな佐賀を発信するウェブマガジン「SAGA MAGA(サガマガ)」に掲載されています。今回はイケメンオーナーが有名な人気店「03coffee」を訪ねます。

http://sagamaga.jp/my-saga/utsunomiya-naotaka/entry-437.html

宇都宮さんの美声で、今日も一日よい日でありますように☆

宇都宮さんの美声で、今日も一日よい日でありますように☆

佐賀弁ラジオ体操に関するお問い合わせ:佐賀市シティプロモーション室 TEL:0952-40-7037

※ラジオ体操第一のほかにも、佐賀市ではシティプロモーションの「力作」「問題作」を多数、発表しております。

https://www.city.saga.lg.jp/main/26261.html

※情報は2017.6.8時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ