佐賀県のゆるキャラ「壺侍」はなぜ壺に? 九州からありがとうキャンペーン実施中

昨年4月の熊本地震復興に寄せられた多くの支援に対して、九州一丸となってお礼の気持ちを伝えるキャンペーンが、6月1日から佐賀県内でも始まりました(「佐賀さいこう! 九州からありがとう スタンプラリー」・佐賀県観光連盟)。

佐賀県内の観光施設を利用したり、泊まると、スタンプがもらえて、それを集めた応募台紙を送ると、佐賀県の名産品や楽しいグッズ、温泉など施設の利用券が抽選で当たります。

佐賀市内の参加施設は、福岡県からも近い三瀬高原のルベール牧場どんぐり村、肥前名尾和紙、おととし世界遺産に登録された佐野常民記念館(三重津海軍所跡)、佐賀城本丸歴史館、佐賀県立博物館・美術館など20カ所。

佐賀県のゆるキャラ「壺侍(つぼざむらい)」が目印の応募台紙は、県全域の観光施設・宿泊施設に設置してあるほか、こちらからダウンロードできます。参加施設リストはご確認を…。

宿泊施設では1回の利用につき2スタンプ、その他は1スタンプが押せます。スタンプ2個から応募できますが、2個、3個、4個と3コースに加えて、Wチャンスの「とっておきのプレミアム賞品」もあり。毎月抽選ですので、10月6日の応募締め切りまで、何度でも参加OK。

ところで、このキャンペーンの「顔」でもある佐賀県観光連盟のゆるキャラ「壺侍(つぼざむらい)」はなぜ、つぼの中に入っているのかご存じでしょうか?

むかしむかし……武士の家の男の子に生まれた壺侍くん、遊んでいてうっかり壺の中にはいってしまった。そして気が付いたら、現代の日本に来ていた……んだそうです。おひげにちょんまげの大人になって。困っている人を見ると、つい「どがんしたと?」と声を掛けてしまう優しいお侍さん、今年の春、着ぐるみも登場しました。

壺侍くんのお仕事ぶりは以下の写真でご覧下さい……。

6月12日、台北~九州国際佐賀空港に「タイガーエア」が就航。初到着の便をお出迎えに「出動」した壺侍を発見!

6月12日、台北~九州国際佐賀空港に「タイガーエア」が就航。初到着の便をお出迎えに「出動」した壺侍を発見!

 

「おお、お客さんが出てきたぞ。お出迎え、わしもがんばる…ようこそ佐賀へ…(声は出せないけど)」壺侍のつぶやき

「おお、お客さんが出てきたぞ。お出迎え、わしもがんばる…ようこそ佐賀へ…(声は出せないけど)」壺侍のつぶやき

 

おお、お客さんが気が付いてくれた。両手をあげて、熱烈歓迎☆

おお、お客さんが気が付いてくれた。両手をあげて、熱烈歓迎☆

 

ふふふ、人気者なのだ。みなさん、九州を楽しんでいって下され~。

ふふふ、人気者なのだ。みなさん、九州を楽しんでいって下され~。

■壺侍のインスタグラムも要チェック!

■佐賀観光のポータルサイト「あそぼーさが」

 

※情報は2017.6.14時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ