いなばのチャオ すげえぞ ~サニも喜ぶワールド・ブランディング・アワーズ受賞!~

 おれが、いなばペットフードさんの「チャオ ちゅ~る」に目が無いことは、読者のみなさんなら先刻ご承知だと思う。そのブランド「CIAO チャオ」が、おとといオーストリアのウィーンで「ワールド・ブランディング・アワーズ」のペット部門のブランド・オブ・ザ・イヤーを受賞したらしいぞ。世界有数のブランドがその業績を称えられて表彰される名誉ある賞だという。

 

 この方が、社長の稲葉敦央さんという方ですニャ。いつもおいしいちゅ~るを、ありがとうございますニャン。

 ちゅ~る ちゅ~る サニちゅ~る  おれがよろこぶチャオちゅ~る♪

 思わず口ずさむ。

 猫はみんな夢中ですニャ。上は以前ご登場のカイ君とレオ君。

 それにしても雨が降らニャイ。福岡の水がめはダイジョブか?

 おれが最近敵視してるデカくて茶色いやつが連日やってくる。

 頭に来るのは、おれがうなりを上げてもどこ吹く風といった顔でのんきな顔をしてやがるとこだ。

 スゴイぞ。この眼の光。うちのおばあちゃんは、イタチが来てると思ったらしい。

 こっちは、近所のレジェンド猫のシロさん。長生きだ。トシに負けず、元気に門番をこなす。

 このおうちの他の猫たち(おれの嫌うまめなど)は、最近めっきり外に出てこない。シロさんは、他の連中と折り合いが悪いと聞くので、こうやって孤独を癒してるのかもしらん。

 こいつは、先日Jが商工会議所の近くの路上で発見した野良猫らしきやつ。黒くて手足だけ白足袋を履いたような風情だ。カンロクがあるので、黒酋長と名づけてやる。

 朝晩は今でも涼しいが、昼間はかなり暑くなってきた。夜に備えて体力を蓄えとくかニャ。せっかくニシコリケイの試合を見てやろうと思ったが、棄権だと。

 トホホですニャ。

※情報は2017.6.23時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ