“自由に生きるって、どういうこと?”jealkb兄貴が答えます!

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、ボーカルhaderuとして活躍するなど、メンバーの多くが お笑い芸人で構成されるビジュアル系ロックバンド「jealkb」。お笑いと音楽の両方でがんばる兄貴たちに、「自由に生きるって?」と聞いてみました。

左から/sapoto(Gt)、hideki(agitator)、haderu(Vo)、dunch(B)、ediee(Gt)、elsa(Dr)

20代の頃はいろいろ間違えるといいと思う。(hideki)

hideki : 20代ってさ、体力がありあまっている割に正解が分からないから、いろんなことにぶち当たるよね。自分もそうだったな。

eddie : そうそう。僕も夢だったお笑い芸人になりたくて、ずっとネタを書いたりしていたけど、なかなかうまくいかなくて。でも今音楽という道でやりたかったことが叶っていると言えるかもしれない。だから早いうちに道を一つに決めなくていいと思うんだよね。

sapoto : 『なにをもって幸せと言えるか』は、一つじゃないし、どんどん変化するし。自分で体験してみるしかない。

 

オレの言うことなんか、聞かなくていい。(haderu)

haderu : だから、オレはいつもこういうインタビューに答える時にジレンマを感じるんだよね。『自由に生きる』ためにはマニュアルはないんだから、オレの話なんか聞いたらいけない。どう動いたってかまわないと思うし。

elsa : 確かに。そんな気持ちを『IDENTITY』というタイトルに込めたところはあるね。自由な気持ちを感じたかったら、このアルバムを聞いて、いつかライブに来てほしい。一曲も知らなくても、人生初めてのライブでも、絶対楽しませる自信があるから。


ニューアルバム『IDENTITY』 7月19日(水)リリース!

jealkb6枚目のアルバムとなる『IDENTITY』がいよいよ発売。全11曲が収められ、Type-Aと銘打たれたバージョンには4曲のミュージックビデオが収録されています。

 

Profile

jealkb

ボーカルhaderu(ロンブー淳)を中心に始めたバンド活動が本格化し、2007年にメジャーデビュー。本格的な音作りと観衆を惹きつけるステージパフォーマンスに定評がある。

 

※情報は2017.7.3時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ