佐賀市・松原神社は<神様のデパート>

きょうは、前回の<佐賀市・松原川のかっぱたち>の続きです。

※前回記事「【水の町・佐賀】道を歩けば河童(かっぱ)に出会う」

松原川になぜ、かっぱのブロンズ像や石像が点々といるのか? 

それは松原神社をぐるりと取り巻くように流れる川だから。そして、松原神社には、かっぱの神様がおられる。つまり、〝佐賀におけるかっぱの本家本元〟はこちらなのです。

松原河童社(かわそうしゃ)の外にいるかっぱの石像(ご本尊はこれとは別)。全国にかっぱの像は沢山あれど、鉢巻をした姿はとても珍しい。

松原河童社(かわそうしゃ)の外にいるかっぱの石像(ご本尊はこれとは別)。全国にかっぱの像は沢山あれど、鉢巻をした姿はとても珍しい。

佐賀市の有名な神社といえば、真っ先にあがるのが佐嘉(さが)神社と、そのすぐそばにある松原神社ですが、この二つは、佐賀の歴史と切っても切れない神社……

佐嘉神社には、幕末~明治初期の佐賀藩を建て直し、近代化のレールに乗せた鍋島藩十代藩主・直正(なおまさ)公(佐賀の幕末維新の七賢人の一人といわれます)と、その子息の十一代藩主・直大(なおひろ)公をご祭神としておまつりしてあります。

その東隣にある小ぶりな松原神社には、時代をさらにさかのぼり、鍋島藩の藩祖・直茂(なおしげ・1538~1618)公と第一代藩主・勝茂公がおまつりしてありますが、これは1772年、八代藩主の治茂(はるしげ)公が日峯社(にっぽうしゃ=日峯様をおまつりするお社)を創設し、直茂公はもはや人ではなく、「日峯大明神」になられました。日峯とは直茂公の法号(亡くなられてからの御名)です。

松原神社の扁額(へんがく)。佐賀藩を興した鍋島直茂公は、松原神社のご祭神として、日峯大明神になりました。

松原神社の扁額(へんがく)。佐賀藩を興した鍋島直茂公は、松原神社のご祭神として、日峯大明神になりました。

土地の人たちは、この神社を親しみを込めて、「日峯さん」と呼びます。

佐嘉神社や松原神社を参拝すると、そばの机に「八社詣之証」(添付の写真)が置いてあります。八つのお社を回って、ご朱印(ごしゅいん・現代風に言えば、神社のスタンプ)をいただいてコンプリートするといいことがありますよ、というもの。

ここ十年ほど、日本全国でご朱印帳をもって、寺社めぐりをする若い女性も増えています。パワースポットが流行った頃からでしょうか?

中はご朱印をいただく空欄と社の説明、お参りの順路が丁寧(ていねい)に説明してあります。

中はご朱印をいただく空欄と社の説明、お参りの順路が丁寧(ていねい)に説明してあります。

中を開いて見ると、

一、佐嘉神社「文化、交通、学問の神」

二、松根社(まつねしゃ):第十代藩主・直正公に仕えた古川松根をまつる。「礼道、芸道、学問の神」

三、松原神社:「開運、勝利、招福の神」

四、佐嘉荒神社(さがこうじんじゃ):「かまど、厨房の神」

五、松原恵比須社(まつばらえびすしゃ):佐賀市内に800体~1000体 あるという言われる恵比須像、その中でも中心的な役割を果たす「とんさん(殿様)恵比須」をまつる。「開運、招福、商売繁盛、くじ当選の神」。

六、松原稲荷神社:全国のお稲荷さんの大神をまつる。「家内安全、商売繁盛の神」。

そして七つめが、今回目指す「かっぱの神様」……。

七、松原河童社(まつばらかわそうしゃ):河童の木像「兵主部(ひょうすべ)」が供えられている。「水害・水難防除、災難除、子どもの守り(安産)神」。

かっぱの神様・松原河童社(まつばらかわそうしゃ)。250年前ぐらいのかっぱの木像が備えられています。

かっぱの神様・松原河童社(まつばらかわそうしゃ)。250年前ぐらいのかっぱの木像が備えられています。

最後が、

八、松原梛木社(まつばらなぎのきしゃ):梛(なぎ)の木は凪(海で波の立たない状態)、和ぎに通じ、心を穏やかにしてくれる。「大国主命(おおくにぬしのみこと)」「久久能智神(くくのちのかみ)」をまつる「縁結び・家内安産・魔よけ、病気平癒、子宝成就の神」。

と説明してあります。

「8つ回って、幸せにならなかったらおかしいぐらいの功徳(くどく)だけれど、全部回る時間もないし、蒸し暑いし、こういうのは全国のいたる神社にあるよね~、七福神めぐりとか」……と思いつつ、松原神社の境内に戻ると、こりゃおどろいた! 

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ