「君の膵臓をたべたい」浜辺美波さんと北村匠海さんがロケ地福岡に凱旋!

7月28日公開の映画「君の膵臓をたべたい」でW主演を務めた浜辺美波さんと北村匠海さんが7月19日、映画のロケ地にもなった福岡市のヒルトン福岡シーホークを訪れ、ウエディングドレスを着た20名の女性たちとのチャペルイベントを開催しました。

浜辺美波さん(左)と北村匠海さん

浜辺美波さん(左)と北村匠海さん

「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」―。その刺激的なタイトルからは想像もできない物語の美しさと展開に、“泣ける小説”として口コミが広がり、「キミスイ」の愛称で若い世代の圧倒的な支持を集める同作品。ヒルトン福岡シーホークをはじめ、太宰府天満宮や福博であい橋、清流公園など福岡の多くの名所でロケ撮影が実施されたことも話題となり、この夏の感動作として大きな注目を集めています。

イベントは、ホテル35階のチャペルで行われ、20名の“未来の花嫁たち”を前にスタート。ウエディング姿の女性たちがそれぞれの「理想のプロポーズの言葉」をフリップに記入し、それをもとにトークが盛り上がる中、フリップを手渡された北村さんも「プロポーズをするなら・・・」のお題に対して「君の朝食を食べたい」と記入。映画のタイトルにかけた回答に、会場からは「さすが!」との声も上がっていました。

北村匠海さん

北村匠海さん

また、膵臓の病を患う高校生・山内桜良を演じた浜辺さんは、「(桜良は)重い病を患っていても前向きで笑顔を大切にする女性。福岡での撮影は、(桜良としても)自分自身も心の底から楽しめたシーンでした」と振り返り、「福岡はご飯もおいしくて、もう一度訪れたい場所。とんこつラーメンもおいしすぎて感動しました」と話していました。

浜辺美波さん

浜辺美波さん

映画公開は7月28日から。「生きていることは素晴らしいと再確認できる作品。大切な方と見てほしい」。2人のメッセージに、会場から大きな拍手が送られました。

あらすじ

高校生の「僕」(北村匠海)は、膵臓の病を患うクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の日記を偶然見つける。残された日々を懸命に生きる彼女と一緒に時間を過ごすうちに、少しずつ心を開く「僕」。12年後、桜良の親友だった恭子(北川景子)と大人になった「僕」(小栗旬)が再会。桜良の伝えたかった想いを知ることになる。

※情報は2017.7.19時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ