【福岡の常識】最大級の攻撃力を持つ博多弁「しけと~」ってどういう意味?

■博多弁の攻撃力は異常!?

「私の戦闘力は53万です」 仮に方言を擬人化したら、博多弁キャラの言いそうなセリフですね。この後京都弁キャラと激戦を繰り広げる光景も目に浮かびます。

さて、可愛らしさで定評のある博多弁。博多弁の女の子を主役にしたコミックがベストセラーになったり、テレビでも方言女子の特集が組まれたりと、全国的にも注目を集めている方言です。

中でも「好いと~よ」「も~。いっちょん好かん」など、女子から男子に対する愛情表現を表す博多弁は、常に「萌える方言」ランキング入りを果たすなど大人気。要はそれだけ攻撃力の高い方言であり、特に女子が男子に使う博多弁の攻撃力は高いということですね。

しかし、攻撃力が高いのは何も異性に好感を抱かせる場面だけではありません。言葉通り相手を「攻撃」する時にもその威力は発揮されるのです。

 

■このセリフを言われたら超凹む福岡男子

博多弁は単純に怒った時の口調もキツイ方であり、怒られた方は結構気落ちすることでしょう。しかし、それ以上に「これ言われたら凹む」と福岡男子の間で言われているのがこのセリフです。

「しけと~」

博多弁を知らない他県の方であれば、「しけと~」と言われたところであまり気にしないでしょう。むしろ「このお菓子、湿気ってるのかな?」などと、自分に対して言われたことに気が付かないかもしれません。しかし、博多弁を理解できる福岡男子が、女子から「アンタしけと~ね」と言われたら3日3晩凹み続けるでしょう。

 

■「しけと~」3段活用

「しけと~」とは「つまらない」「おもしろくない」「しょーもない」という意味であり、

「しけと~」

「ばりしけと~」

「ちかっぱいしけと~」

と3段活用されます。上級・最上級の活用をされたらその子を口説くのはあきらめましょう。 福岡は女子が余り気味とはいえ、しけと~男子には見向きもしません。福岡女子はその点結構気が強いので、男性の皆さんはご注意を!?

 

※情報は2017.8.2時点のものです

H.Katsura

福岡出身。就職で東京へ行き、20年の都会生活を経て昨年Uターンしてきたフリーライター。 地元を離れて初めてわかる福岡の面白さをあらためて実感中。

この記事もおすすめ