サニさんぽ ~ペット用品の商談会に潜入ルポ~

 久留米の地場産業振興センター(通称・地場産くるめ)できのうとおととい、地元企業でペットフードも手広く扱う(株)森光商店さん主催のペット商品の商談会があった。

 

 おれは、トレンドに敏感な時事猫(ジジィ猫ではニャイ)、最新事情をワールドビジネスサテライトばりに報告しようじゃニャイか。

 ファッションでいえば、「秋冬コレクション」という感じですニャ。

 猫を飼ってる人の意見を聴いてますニャ。たしかに「新鮮で風味のいい」えさが良い。「古くて香りの抜けた」えさはごめんですニャ。

 面白いぞ。心配事に他ならぬおれの特徴「脱走」が挙げられている。猫でも年間61000円もかけてもらってるのか。犬はその1.5倍ですニャ。

 おれみたいな模様の猫さんの絵が。おれはまだまだジャンプ力もあるし、ダイジョブかニャ。でも、よく寝てるのはその通りだ。

 いろんな猫のポジショニングがある。おれは、青空ネコ→お庭ネコ→出入りネコを経てお部屋ネコというお上品な部類に属しているが、どうも気に入らニャイところだ。

うむ。おれもそろそろ老後も考える時期にさしかかってきたニャ。今8歳ぐらいらしいからニャ。しかし、こげな眉の白い宇野重吉みたいニャ猫はおらんぞ。

 さて、状況は勉強した。場内の商品を見て回るぞ。いきなり、こげなヘビのもぐり物が。。。

 爪研ぎ兼ベッド。便利だ。

 タワーとかツリーも色々。ニャン生いろいろ。おれにも買ってくれんかニャ。

 おれは、つぐらにもあんまし入らんから、こうゆうのは買ってもらえんだろうニャ。

 これは、入りたくニャる。

 猫は、家具をボロボロにする名人だからニャ。人間も工夫する。

 自分の形をしたお皿でえさを食べるのもオツですニャ。

 これは、売り物じゃニャイ。スーパーキャットさんの特注テーブルだ。

 ん、ニャンとなく豪華な雰囲気。

 これは、段ボールの会社が作った製品で、ネットでしか買えニャイらしい。紙製だが、かなり重く頑丈だぞ。

 さっきのスーパーキャットさん製のベッド。おれは、特別なベッドはもらってニャイが、まあつぐらをあてがわれてるから、ゼイタク言っちゃいかん。

 「シャカシャカ」の音に猫はぞっこんなのかニャ?おれは、味わったことないニャア。

 このキャリーなら、リラックスして入るというわけか。だいたいキャリーに入れられる時は、お医者さんに連れて行かれたり、怖ろしいことが起こるからニャ。

 おれもあと2年ほどで、こーゆーものを使ったりするのか。

 でも、まだまだ遊びたい盛り。老け込むには早過ぎですニャン。

 ほっかむりか。近所の人が獅子舞を貸してくれたが、どうもコスプレはニャ。

 猫専用シュシュ「猫小町」か。オスのおれには、縁がニャイ。「ポニーテールとシュシュ」。「キャットテールにもシュシュ」か。

 やっぱ、いちばんの興味はおやつですニャ。

 最後に、どんどん紹介するから、各猫さん、よだれを流しながら見たらいいニャ。

 おなかすきましたかニャ。では、また。

※情報は2017.7.28時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ