CS(顧客満足)からCX(顧客体験)へ―『au CX AWARD 2017 九州大会』

auショップスタッフの接客スキルを競う「au CX AWARD 2017 九州大会」が8月8日、福岡市博多区のホテル日航福岡で開催されました。

auショップスタッフによる接客スキルコンテストは、2004年から毎年全国で開催。 これまでは「au CS AWARD」として開催されてきましたが、今大会から「au CX AWARD」と大会名がリニューアルされました。これには、お客様がKDDI(au)に接する全ての体験を通じて「auでよかった」と感じていただけるように今後も増々接客スキルを向上していくという決意が込められているそうです。

ファイナリストに残ったスタッフたち

ファイナリストに選ばれたスタッフたち

九州地区のauショップスタッフ総勢約2000名の中からファイナリストに選ばれた9名のスタッフは、制限時間内に「来店⇒声かけ⇒席へ誘導⇒ヒアリング⇒要望や利用状況の確認⇒提案⇒見送り」という一連の流れを実施。顧客の年齢層や携帯電話の利用法などによって適切な接客は変化しますが、ファイナリストに残った9名は、どのような人の要望にも親身に耳を傾け、その人に合った的確で分かりやすい説明を行っていました。

見事グランプリに選ばれたのは、福岡地区代表の奥本亜由美さん(auショップ福工大前)。

奥本亜由美さん

奥本亜由美さん

準グランプリには、同じ福岡地区の武富恋子さん(auショップ那珂川)、3位には長崎地区の道口楓奈子さん(auショップたらみ)が選ばれました。

武富恋子さん

武富恋子さん

道口楓奈子さん

道口楓奈子さん

CS(顧客満足)からCX(顧客体験)へ―。携帯電話市場を取り巻く競争が激化する中、ショップスタッフの飽くなきサービス向上への取り組みは、ブランドの差別化にとって欠かせないものになりそうです。

※情報は2017.8.14時点のものです

この記事もおすすめ