クロマニョン人の壁画観賞をサニがプレゼント ~ラスコー洞窟にも猫はいたのかニャ?~

 福岡県太宰府市の九州国立博物館で「世界遺産 ラスコー展」てのがやってる。

 2万年前の壁画がフランスのラスコー洞窟で発見されたというが、おれは壁画にはキョーミ無いが、洞窟には大いに興味ありだ。暗くて狭いからニャ。

 9月3日までやっているというその観覧券をJが何枚か手に入れたようニャので、行きたい方には差し上げましょう。また、メール下さい。遠方の方はすみませんニャ。

 ⇒ n-toei@nishinippon-np.jp ここに送ってニャ。

 しかし、クロマニョン人というのか。ヨの字が小さいニャ。甲本さんたちのバンドは、クロマニヨンズだと思ったけどニャ。外人の名前の読み方は、いろいろ変わるからニャ。

 少しは最近涼しくなってきたかニャ。うだってばかりのおれも、少しは活動しておる。主に見張りだが。

 来たニャ。三食欠かさず、ここで食べる。意外にかわいらしい声で鳴く油断のならん奴じゃ。

 おれのことなど無いもののように、淡々と食べる様が腹が立つ。少しは相手しやがれ。

 きょうは、福岡出身で東京都内池袋あたりにお住まいの方から沢山のちゅ~る食事猫さんの写真が届いたぞ。次回以降、披露するからおたのしみに。

 ところで、先日あげた東大阪市の方の写真説明に、参道猫さんの居る神社を「布施神社」と間違って書いてしもうた。⇒「石切神社」が正解だからニャ。ブログでは、もう直したが。

 みなさんも、間違いにはくれぐれも注意してくれニャ。

※情報は2017.8.21時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ