都民の方からの「ちゅ~る猫さん」特集 豪華版 ~デキる猫のサ日記はひと味違う~

 あまり応募のない「サニ皿」を送ってくださったお礼に、「ご友人の猫さんにあげて下さい」と、福岡出身で動物好きだけど今は猫の飼えニャイ「都民」の方にチャオちゅ~るを送りましたニャ。

 そしたら、さっそく職場の方々などにお渡しいただき、その方々の愛猫のちゅ~る写真が沢山送られてきました。きょうは、その特集ですニャ。いっぱいあって豪華ですぞ。

 

 まずは、本家のおれだニャ。

 チャイ君とニャンさん。

 前後するが、都民さんからのメール文はこれ。

   ↓   ↓   ↓

おまたせしました!
チャオちゅ~る写真が集まりましたので、送ります。
職場の方にお願いして、ご自宅で飼っている猫さん、お知り合いの猫さん、ご実家の猫さんの写真を送っていただきました。
なかには、食べなれない物には、口をつけない猫さんもいました。
皆さんには「サ日記」で掲載されてもOKと了解をいただいております。

 

チャオちゅ~るを昨日渡せた猫友さんが、早速、写真を送ってくれました。
「サ日記」を紹介し、写真掲載も快諾してくれました!!
ぜひみんな載せてくださいとのことです、よろしくおねがいします!!
 
家猫さんは黒毛のクロくん、茶毛のチャイくん、灰白のニャンさんの3匹と外猫さんのツコちゃんです。
 
チャオちゅ~るを食べさせたことがなくて、どう反応するのか楽しみとのことでしたが、、、
「ちょっと怖い顔でペロペロ、終いには3匹が揉め出したので、個々の皿に出して分けてあげました。」と飼い主Nさん。
3匹さんからは「めちゃ 美味いニャン、ごちそうさまです!」とのお返事いただきました。
 
そして、昨日は姿を現さなかった外猫のツコちゃんが今日遊びに来てくれたので、ちゅ~るをあげたら、躊躇なくペロペロペロだったそうです。
そんなツコちゃんの様子にいち早く気付いたニャンさん、血相(多分 笑)を変えて飛んできました。→これが写真「ニャンさん」です。
 あずきちゃん。
 いちごちゃんとトラジ君。
 これもそう。
 クロ君。
 ちーちゃん。女の子。
 あいらしかですニャ。
 ツコちゃん。
ツブくん(おかゆネコ):私の愛読書「おかゆネ コ」の主人公「ツブ」くんです。
 吉田戦車さんの漫画です。しゃべり病にかかった猫が主人のためにおかゆを作る。。。という漫画です。
 紙粘土で作りました!!
 トラジ君。
 
 ニムさん。
 これもニムさん。メス。
 ニャンさん。
 むぎた君。麦色ですニャ。たしかに。
 
 駆け足で写真をどんどん載せたが、いただいた説明文もまとめてニャ。
  ↓  ↓  ↓
 

1.ニムさん(メス):Iさんのご実家の猫さんです。白地にグレーの服を着たような、八割れ猫さん。ビビりさんだそうです。
 
2.ちーちゃん(女の子らしい):Nさんと同じマンションに住む猫さんです。
 ちーちゃんは残念ながらチャオちゅ~るを食べなかったらしいですが、写真を送ってくれました。
 
3.いちごちゃんとトラジくん:Kさんのお家で飼っている猫さんです。
  黒い方が「いちご」ちゃん、茶チラが「トラジ」くんです。
  こちらは、チャオちゅ~るの大ファンらしく、細長いちゅ~るを見ただけで、大騒ぎだそうです。
 
4.むぎたくん(兄)とあずぎちゃん(妹):Tさんのお友達のお家で飼っている兄弟猫さんです。
 茶トラがむぎたくん、黒白があずきちゃんです。
 捨てられていた兄弟猫を引き取ったそうです。
 まだまだいます。ジャン君。
 メルちゃん。
 いっしょに飼われてて仲良しですニャ。
 ん、ひさびさワンちゃんの登場。都民さんのかつての飼い犬。16歳の時。永遠の18歳だそうニャ。
↑ これはうさぎさんですかニャ。
 
 ※説明は、ご本人から。
  ↓
 今回、恐る恐る、皆さんに頼んでみたんですが、どなたも快く写真を送ってくれて、、正直驚いています。
皆さん、やはり「ウチの子が一番!!、観て観て」という感じなのですね。
動物と一緒に暮らせて、うらやましいです。
私も今は飼っていませんが、以前一緒に暮らしていたホーランドロップの「リサタロー」(女の子です)永遠の7歳と
実家で暮らしていたミックス犬「カキオ」(永遠の18歳)の写真を送ります。
私も自慢したくなりました。。。。すみません。
 
 きょうのは手抜きじゃニャイですから。他猫さんがいっぱい出てたのしいでしょ。
 これも、「デキル猫」だからの技です。説明はまたの機会にニャ。
 じゃあ、また。

※情報は2017.8.25時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

関連タグ

この記事もおすすめ