福岡昼酒紀行:長浜「一心亭本店」のラーメン・餃子・酢モツで一杯

たまには明るいうちから飲みたいときもある・・・

そんな無頼派の皆様に向けて発信するコラム「福岡昼酒紀行」。

第1回は、福岡市中央区長浜の「一心亭本店」を紹介します。

赤い看板に「長浜屋台」とあるように、こちらは長浜の屋台発祥のお店で、創業はなんと昭和20年。福岡・博多のラーメン店の草分け的存在と言っても過言ではありません。

何はともあれ、暖簾をくぐりカウンターに腰を落ち着けて、瓶ビールと酢モツを注文。

薄くスライスされボイルされた牛モツは火の通し加減が絶妙で、シャッキシャキの歯ざわりが最高。酢醤油・柚子胡椒・青ネギと混然一体にして口に運ぶと、ビールが止まりません。

続いて餃子登場。カリッと焼けた皮と野菜たっぷりのトロリとした餡が絶妙のコラボレーション。これ以上の解説は不要でしょう。もちろんビールが進み、瓶が空きます。

「親の意見と昼酒は後から効いてくる」のが世の常。昼間の長酒は禁物です。

カウンター脇に貼ってあった一枚のポスターに触発され・・・

締めの1杯にコップ酒を注文。

そして、ラーメン登場。見るからに正統派の長浜(屋台)ラーメンで、70年の歴史を感じます。

スープをひと口すすると、味がやや薄めに整えられており、目の前の調味料コーナーから塩を取り上げ、ちょっと足して自分好みの味にします。

絡まり合う麺とスープ。福岡に住んでいて本当によかった・・・と心底思える瞬間。

昼から屋台気分が味わえる貴重なお店。それが「一心亭」なのです。

徒歩2~3分のところには、「天然温泉 天神ゆの華」もあり、時間があるときはサウナで汗を流したあとの“一杯”もおすすめです。

 

[本日の昼酒代]

・酢モツ 200円

・Aセット(ラーメン・餃子) 720円

・瓶ビール 500円

・日本酒 350円  

★合 計 1770円

Produced by 福博ツナグ文藝社

※情報は2017.8.28時点のものです

一心亭本店

住所福岡市中央区長浜1丁目4-22

大きい地図で見る

AKASAKA BOY

謎のライター

1978年福岡市赤坂生まれ。福岡の街の魅力を小説形式で発信中☆

関連タグ

この記事もおすすめ