世界中が注目★バリ島で子供たちとサマーキャンプ体験

日本から直行便で約7時間、インドネシアのバリ島は日本人に人気のリゾート地。
バリ島のウブドには今、世界中から注目されるインターナショナルスクールがある。
その名はグリーンスクール
自然と共に生きることを学びながら、世界を先導するリーダーとなるべく、先進的な教育を受けられるということで、各国の子どもたちが学んでいる。

8月初旬、私は6人の小中学生とその学校が夏に行う「グリーンキャンプ」に参加するため、バリ島を訪れた。

きっかけは福岡市東区香椎浜で語学学校「クロスカルチャーコミュニケーションセンター」を経営する友人から

「当校に通う生徒に是非グリーンスクールのキャンプを体験させたい」

という話を聞いたところから始まった。

彼女の学校はいわゆる「英会話スクール」とは少し違い、生徒数200人を抱える歴史ある語学学校だ。
英語をはじめ、語学教育にはかなりのこだわりがある。

これまで5000人以上の子供たちの語学教育に従事してきた彼女が、魅力を感じたバリ島のインターナショナルスクール。
彼女自らがバリ島に事前に足を運び、視察をし、現地スタッフと人間関係を築き、辿り着いた最適なプランがそこにはあった。

8月の参加を目指し、何度も何度も彼女と話し合いを重ね、参加が決定した子供たちとも人間関係を構築しながら、皆で事前準備に精を出した。

シーフォー代表の藤野さん。子どもの性格や得意なことを素早く見出し、その子の能力を導き出す姿にいつも感心させられる。

シーフォー代表の藤野さん。子どもの性格や得意なことを素早く見出し、その子の能力を導き出す姿にいつも感心させられる。

そして、いよいよバリ島へ出発。
このキャンプはただ「参加する」だけでは全く意味がないもの。
空港、観光、そしてキャンプ中にもそれぞれ目的を持ち、キャンプ最終日に来る「何が何でも皆で成功させたい目的」のために、子供たちは空港や、キャンプ前に宿泊したホテルで一生懸命その「目的」に向って取り組んでいた。

語学学校企画のサマーキャンプ。入国時に質問される返答を英語で勉強中。しかし、入国審査では何も質問されずに、子どもだちはガッカリ・・・。

語学学校企画のサマーキャンプ。入国時に質問される返答を英語で勉強中。しかし、入国審査では何も質問されずに、子どもだちはガッカリ・・・。

福岡から関空で乗り継ぎ、バリ島へ到着。到着日の翌日はバリ島でしか体験できない経験をしてもらおうと、様々なプランを企画。
体験した子ども達も大満足&大興奮だった。(その内容はまた後日書きます。)

さあ、いよいよグリーンキャンプ体験スタート!

この門をくぐれば、もうそこは頼れる親はいない、子どもだけの世界。

この門をくぐれば、もうそこは頼れる親はいない、子どもだけの世界。

その名の通り学校は緑豊かな大自然の中にあり、

キャンプ場内の施設は全て竹や葉っぱで出来ている。
ヤートという宿泊施設も竹のベッドで、冷暖房はない。
たまに竹の床に焦げ茶色の黒い塊りが張り付くように落ちている。
鳥のフンとはちょっと違うし、虫のフンにしては大きすぎる。
聞いてみると、それはトカゲのフン!!!

子どもたちのように扉を開けた瞬間から「ヤッター!」とはならなかったが、一夜を過ごせば何も気にならなくなる。子どもの順応力は素晴らしい!

子どもたちのように扉を開けた瞬間から「ヤッター!」とはならなかったが、一夜を過ごせば何も気にならなくなる。子どもの順応力は素晴らしい!

そして、驚いたのがトイレ。大小で便器が分けられているのだ。左が小、右が大。

子どもに「両方したい時は、どっちを使えばいいと?」と聞かれ、「大は小を兼ねるって言うやろ!だけん右たい!」と答えた。

子どもに「両方したい時は、どっちを使えばいいと?」と聞かれ、「大は小を兼ねるって言うやろ!だけん右たい!」と答えた。

到着後、すぐにオリエンテーション。
今回のサマーキャンプには世界中から約60人の子供が参加していた。

言葉は全て英語。親もいないので、甘えられる場所はない。

言葉は全て英語。親もいないので、甘えられる場所はない。

5日間のキャンプでは経験豊富な先生たちが自然と遊ぶすべを教えてくれる。

バナナの皮で作る遊びもの。単に「作り方」を教わるのではなく、作り方の前にバナナという植物についても学ぶ。

バナナの皮で作る遊びもの。単に「作り方」を教わるのではなく、作り方の前にバナナという植物についても学ぶ。

キャンプの主役は常に子ども。

付き添いである私たちの役目は「優しく見守ること」

付き添いである私たちの役目は「優しく見守ること」

昆虫採集

昆虫採集

カカオの実からのチョコレート作り

カカオの実からのチョコレート作り

ココナッツツリー・クライミング!

ココナッツツリー・クライミング!

泥んこ大会!!!

先生とのレスリングでは泥の中に投げ飛ばされたり、もちろん投げ飛ばしたり!

先生とのレスリングでは泥の中に投げ飛ばされたり、もちろん投げ飛ばしたり!

自分たちでイカダを作って

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ