桐生に先を越された サニ&ブラウンの猫コンビ 失意のサ日記

 ついに、桐生祥秀選手が9秒台を出したニャ。おれと茶色のコンビ=サニブラウンが虎視眈々と狙っていたが、抜け駆けされてしまった。

 おれは、悔しさのあまり激しく爪を研ぐ。

 研いで研いで研ぎまくる。

 いい気ニャもんだ。桐生。

 茶色もがっかりだ。伏せ目がちにたたずむ。

 黙りこくっているが、おれに何か言いたげだ。

 この顔は怒っている。怒ってはいるが、気持ちの安定した時にする香箱(こうばこ)座りをする。不思議なやっちゃ。

 まだ、香箱。

 これも、香箱。

 怒りのあまり寝てんじゃニャイか。

 おれは、玄関先でやつと無言の会話をした。敗者のメンタリティに慣れてしまったら、猫も終わりだ。

 最近は、自転車の近くにやつのえさ箱が動いている。

 ひたすら目を光らせる。とっとと、食ったらいいじゃニャイか。

 桐生に先を越され、めしものどを通らんのか。おれも同じだ。

 一夜明け、おれは朝から猛ダッシュの連続。飼い主もほとほとあきれたが、是非捲土重来したいところだ。

走って走って、走りまくるからニャ。

 しかし、朝の4時から走り待ってると、さすがにへとへと。

 おやすみニャさい。

※情報は2017.9.11時点のものです

サニ

 出身地不明。年齢8歳くらい。オス(去勢済み)。雑種。グレーっぽい縞模様。3年ほど前に、福岡市南区の飼い主の家に上がり込んで、飼い猫に。それまでは近くの公園住まい。生意気な猫には攻撃的だが、人には甘えん坊で勉強や仕事をしていると、必ずすり寄ってきてジャマする。かつお節が大好き。ダミ声。すきあらば家からの脱出を図る。

「サ日記」のタイトルは、紀貫之の「土佐日記」のパクり。名前と同じ32歳まで生きる予定。

この記事もおすすめ