カルローズ料理コンテスト全国6位入賞!ホテル日航福岡 松尾一成さん

アメリカ・カリフォルニア産の新感覚ライス「カルローズ」を使った「第5回 カルローズ料理コンテスト 2017」で、ホテル日航福岡の松尾一成さんのレシピが全国6位に入賞しました。

松尾一成さん

松尾一成さん

■カルローズとは

アメリカ・カリフォルニア産の中粒種。日本米とは異なり、「ベタつかず、食感が軽い」「冷やしても美味しい」「ドレッシングやオイルとの相性がよい」などの特長を持ち、野菜やパスタのように食材として活用できる新感覚ライスです。

料理コンテストは、USAライス連合会日本代表事務所がアメリカ産のおコメに対する認知と理解促進を図るために開催しているもので、今年は「おコメの料理のイメージを変える!」をテーマに、全国からオリジナリティあふれるメニューが集まりました。

■おコメのイメージを変える一皿

コンテストは、レストラン部門とデリ部門の2部門で実施され、松尾さんはレストラン部門に応募。全国146作品の中から最終審査ノミネート6作品に選ばれました。

1位と2位は逃したものの、最終審査に残った松尾さん。入賞レシピ「カルローズのトマトスライス バラに見立てたサラダ仕立て」は、サラッと食べられるカルローズの特徴をいかし、冷製トマトスライスと赤玉ねぎを添えてカルローズを大根で巻いたもので、ウエディングドレスを着た新婦に見立てています。

「最初は温かいリゾットのようなメニューも考えましたが、試行錯誤の末、冷製でも美味しいカルローズの特長を活かしたメニューに至りました。カルローズの由来でもある赤いバラをイメージし、食材は赤に統一。ウェディングにおける華やかな一皿になればと思っています」と松尾さん。

カルローズに馴染みのない方の中には「どこにカルローズが使われているの?」と疑問を抱く方もいらっしゃるでしょうが、こちらです↓

中央部分、大根に巻かれているおコメが「カルローズ」

中央部分、大根に巻かれているおコメが「カルローズ」

ビネガーが効いた玉ねぎや大根、トマトとともにあっさりと美味しく食べられる逸品。サラダ感覚でおいしくおコメをいただきました。

■レ・セレブリテで特別提供中

入賞した松尾さんのメニューは、現在、ホテル日航福岡 2Fのテーマレストランレ・セレブリテのランチコース「Marché~マルシェ~(4100円)」の前菜で特別提供されています(前日までの要予約、必ず「カルローズ」とオーダーください)。10月末まで。

松尾さんは小学2年生の頃、自分で作った卵焼きを家族が「おいしい」と嬉しそうに食べてくれたことをきっかけに料理の道を目指し、現在は「ホテル日航福岡の名を料理の分野で広めて(高めて)いけるように」と、日々精進しています。今回の入賞については「初めて出場した全国的なコンテストで入賞することができて光栄です。とても勉強になったし、これからも五感で楽しんでもらえるような新感覚のメニューづくりに励んでいきたいです」と、話していました。

日本米とは異なる魅力の新感覚ライスメニュー「カルローズのトマトスライス バラに見立てたサラダ仕立て」。みなさんもぜひお楽しみください。

ホテル日航福岡 テーマレストラン「レ・セレブリテ」

予約:092-482-1163

※情報は2017.10.6時点のものです

ホテル日航福岡

住所福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号
TEL092-482-1111(代表)
FAX092-482-1127
URLhttp://www.hotelnikko-fukuoka.com/

関連タグ

この記事もおすすめ