福津の旬「金時草(水前寺菜)」のレシピ:おひたしと桜色ごはん

金時草を使った福津農家さんの「究極時短レシピ」

■金時草で桜色ごはん

【材料】

・金時草…1束
・水…1リットル程度
・塩…少々
・酢…大さじ1
・米…3合

【作り方】

1.鍋に水を沸かし、塩少々を入れて、金時草をさっとゆでる。 (葉は冷水にさらして絞り、お醤油とおかかで食べる。)

2.米3合と必要な容量の金時草のゆで汁に酢を加えたもの(570~600cc)を一緒に炊くときれいな桜色のもっちりごはんが炊き上がる。大葉を刻んで乗せて食べたり、チラシすしにも大活躍。

(注目度急上昇!台湾野菜づくりの名人 寺嶋 光世さん・孝弘さん)

 

シェフたちの「お家ごはんレシピ」

■金時草(水前寺菜)のおひたし(3~4人分)

【材料】

・金時草…1束
(おひたしの出汁)
・かつおorいりこ出汁10:うすくち醤油1:みりん1

【作り方】

1.おひたしの出汁は火を通して冷ましておく。

2.金時草の葉をちぎって、さっと塩ゆでし、冷水で冷やし固く絞る。

3.出汁で和えた後、一度軽く絞り皿に盛って出汁をかける。(味がぼやけず、しっかり決まる) 

4.すりゴマやかつおぶしをかける。

(居酒屋そば処 いしい スタッフ 會田 健一郎さん)

★「福津の旬を食べよう」キャンペーンはこちら★

※情報は2017.10.12時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ