福津の旬「ハーブ」のレシピ:まるごと鯛のオーブン焼きと福津野菜の煮込みプロヴァンス風タイム風味

ハーブ(タイム・ローズマリー)を使った福津農家さんの「究極時短レシピ」

■ハーブが香るまるごと鯛のオーブン焼き 

【材料】

・鯛…1尾(魚屋さんでお腹は出してウロコはとってもらう)
・ハーブ(ローズマリー、タイム)…適量
・塩、こしょう…少々
・オリーブオイル…適量
・レモンスライス…2~3枚

【作り方】

1.鯛の両面とお腹に塩、こしょうを刷りこんでおく。

2.ホイルかクッキングシートを敷いた鉄板に鯛をのせ、ハーブを下に敷き、お腹に詰め、上に散らしてオリーブオイルをまんべんなくかける。(ハーブの量はお好みで)

3.180~200℃のオーブンで30分前後焼き、レモンスライスを飾ってできあがり。

(無農薬で丁寧にハーブを育てる 東海林祐子さん)

 

シェフたちの「お家ごはんレシピ」

■福津野菜の煮込みプロヴァンス風タイム風味

【材料】

・玉ネギ…1/2個(大きめにカット)
・白ネギ…1本(5cmにカット)
・ズッキーニ…1本(5cm角にカット)
・ナス…1本 (5cm角にカット)
・トマト…大1個(湯剥きして種を取り除く)
・タイム…適量(みじん切り)
・ニンニク…2片(スライス)

【作り方】

1.オリーブオイル少量を鍋に入れ、ニンニクを入れ、香りが出てきたら玉ネギ、白ネギをしんなりするまで炒める。

2.ズッキーニ、ナスを加え炒める。

3.最後にトマトとタイムを加え、味をととのえる。

(Bistrot Mitsou オーナーシェフ 平田 充さん)

★「福津の旬を食べよう」キャンペーンはこちら★

※情報は2017.10.12時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ